コラム

フィリピンの鬼才がマゼランの世界周航を題材に歴史をひっくり返す『500年の航海』

2019年01月25日(金)15時00分
フィリピンの鬼才がマゼランの世界周航を題材に歴史をひっくり返す『500年の航海』

マゼランの世界周航の歴史を奴隷エンリケが塗り替える『500年の航海』(C)Kidlat Tahimik

<フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが、35年の歳月をかけて完成に漕ぎ着けた大長編>

フィリピン・ニューウェーブのゴッドファーザーとも呼ばれる映像作家キドラット・タヒミック。最新作『500年の航海』は、西欧による支配の歴史に自由奔放なイマジネーションで切り込み、独自の世界を切り拓いてきた彼が、35年の歳月をかけて完成に漕ぎ着けた大長編だ。

本作の題材は、マゼランによる最初の世界周航だが、主人公はマゼランではない。タヒミックは本作の出発点について、プレスに収められたインタビューで以下のように語っている。


 「最初に世界一周を果たしたのはマゼランではなく、彼に仕えた奴隷エンリケだったというアイデアがずっと念頭にあって、それをもとにして、必要なブロックを一篇ずつ積んでいったのが最初の10年間でした」

但し、それはタヒミックの独自のアイデアというわけではない。本作には、タヒミックがマゼランに関する多くの文献を参照していることを示唆する場面があるが、そのなかには、マゼランの友人で世界周航の記録者だったピガフェッタが残した「最初の世界周航」やツヴァイクの伝記小説『マゼラン』も含まれているはずだ。

マゼランは、世界一周の航海に出る以前、インドで軍務に就いている時代に、マラッカで奴隷のエンリケを買い、ヨーロッパに連れ帰った。そのエンリケは世界周航にも同行した。そして、船団がフィリピン諸島に到着したとき、エンリケは自分の言葉が通じる人々に出会った。ツヴァイクはその瞬間に注目し、以下のように綴っている。


 「数年前故郷から連れ去られた彼が、はじめてまた自分自身の言葉の断片を耳にしたのだ。記憶すべき忘れがたい瞬間、人類史上最大の瞬間の一つである。----地球が宇宙をまわりはじめてから、はじめて、一人の生きた人間が今地球を一周し、ふたたび故郷の地帯へ帰りついたのである。それがとるに足りない奴隷であったということはどうでもよい。----この場合、偉大さは人間ではなくて、その人間の運命にあったのだ」

そんなエンリケの運命で、もうひとつ重要な位置を占めているのが、マゼランの死だ。彼は遺書のなかで、自身の死後、エンリケを自由の身にすると約束していた。そんなマゼランは、フィリピンに留まっている間に、先住民の首長のひとりであるラプラプの抵抗に遭い、命を落とす。

その後、エンリケはどうなったか。彼を解放しようとしなかったマゼランの後継者に復讐しようとしたというエピソードが語り継がれるだけで、世界周航の物語からは消えてしまうので、その先のことはわからない。だから自由に想像することができるともいえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

英中銀、新型コロナによる損失巡り銀行に追加情報求め

ビジネス

米連邦高裁、バイエルの除草剤ジカンバの販売阻止

ワールド

ロシア疑惑巡るFBI捜査、米上院司法委が公聴会開催

ワールド

2次補正の予備費10兆円、使途はコロナ関連の緊急経

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!