コラム

ブータン寺院の家族が、押し寄せる近代化の波の中、手探りで幸せを見出す姿

2018年08月17日(金)13時10分

ちなみに、この映画の共同監督のひとり、ブータンで生まれ育ったバッタライは、主人公親子の中間に位置する世代になる。プレス資料によれば、1985年生まれの彼は、十代になるまで携帯もテレビも見たことがなかったという。そんな彼には、新しいメディアが及ぼす影響がよくわかっているはずであり、この映画では、親子とメディアの関係が意識的に対置されている。

たとえば、家族がそれぞれにテレビを見る場面だ。両親は、ブータンにチベット仏教を伝えた開祖グル・リンポチェを題材にした啓蒙的なアニメを見ている。そのアニメには、「人は死ぬと輪廻転生を繰り返す。物の豊かさなど意味がない。私は家にとどまらず外へ出て徳を積む」といった歌詞の歌が流れる。その隣の部屋では、ゲンボがヨーロッパのサッカーの試合を見ている。サッカーの合宿に参加したテシも、仲間たちとサッカーの試合を見て、ゴールシーンに大喜びする。

この対置は、単に親子の関心や価値観の違いを表しているだけではない。両親が見ているのは、おそらくは自国の文化を再認識するために国営放送が作るような番組であり、それを見ることで彼らの価値観が変わるようなものではない。これに対して、ゲンボやタシは、テレビから新しい情報を吸収することで、価値観や世界観が変わっていく。

さらに、日常における親子の身振りも対置されている。父親は、太鼓を打ち鳴らしながら踊りの修行に励む。その次の場面では、太鼓の響きを残したまま、踊りの動作が、サッカーのトレーニングをするゲンボとタシの動作に置き換えられる。父親がゲンボに踊りの手ほどきをする場面のあとには、少女たちが今どきのダンスの練習をする姿が映し出される。

また、これは明確に対置されているわけではないが、仮面や演じることにも注目すべきだろう。寺院にはたくさんの仮面が保管されていて、父親はアツァラ(道化師)の仮面をつけて、道化を演じてみせる。ゲンボやタシは、ゲームで自分の好きなキャラクターになる。若者たちが、直接的な交流の場とフェイスブックで自分を演じ分けることも、ここに含めることができる。

見えない世界と繋がる父親

そして映画の終盤で、開祖グル・リンポチェにちなむ年に一度のツェチュ祭が催されるとき、こうした対置が別な意味を持つことになる。

この盛大な祭では、チャムという仮面舞踏が行われる。このチャムは、娯楽ではなく、見えない世界を可視化するような厳格な儀礼であり、観客にとっては信仰を深める場となる。父親はそんな祭りで、アツァラの仮面をつけて、重要な進行役を務める。

そこで、親子の世界観の違いがさらに鮮明になる。グル・リンポチェの教えを守り、踊りの修行に励み、仮面の手入れを欠かさない父親は、見えない世界と繋がっている。ゲンボとタシはこの祭りで、誇らしげな父親の姿を遠巻きに眺めるだけで、儀礼に関心を示すこともない。彼らは、見えない世界とは無縁に生きているように見える。

それでもお互いを思いやる家族の姿

近代化の波がブータンを大きく変えつつあることは、ゲンボが父親に連れられて、僧院学校の見学に行く場面にも端的に表れている。僧院学校の教師は、親子にこのように語る。

「今どき僧になりたがる人はいません。入門者がいない。今の子どもは僧院学校より近代的な学校を好みます。自分の将来は自分で考えるようになりました。出家を強制すると彼らの将来を壊しかねません」

父親は、ゲンボが寺院を継ぐことにかなり固執しているが、それでもやはり強制しようとはしない。タシに対しても、女の子らしく振る舞ってほしいと願ってはいるが、前世が男の子で、男の魂を持って現世に生まれてきたと考え、彼女の悲しみに理解を示す。

この映画では、近代化の影響が深刻に見えながらも、家族がそれぞれにお互いを思いやり、手探りで幸せを見出していこうとする姿が印象に残る。

『ゲンボとタシの夢見るブータン』
(C)ÉCLIPSEFILM, SOUND PICTURES, KRO-NCRV
公開:8月18日(土)よりポレポレ東中野のか全国ロードショー

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

ビジネス

ユーロ高長期化で景気回復阻害、インフレも下押し=欧

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン候補、欧州で治験デー

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!