コラム

ブータン寺院の家族が、押し寄せる近代化の波の中、手探りで幸せを見出す姿

2018年08月17日(金)13時10分
ブータン寺院の家族が、押し寄せる近代化の波の中、手探りで幸せを見出す姿

『ゲンボとタシの夢見るブータン』 (C)ÉCLIPSEFILM, SOUND PICTURES, KRO-NCRV

<1999年にテレビ放送が始まり、ブータンに急速に押し寄せる近代化。その変化と代々寺院を引き継いできた家族はどう折り合いをつけていくのか>

ブータン王国ですぐに思い出されるのは、GNH(国民総幸福量)だが、その理念を具体化していくためには、乗り越えなければならないハードルがある。

ブータンは1970年代まで鎖国政策をとってきたため、伝統文化と急速に押し寄せる近代化の波にどう折り合いをつけていくのかが大きな課題になる。

ブータンの寺院を代々引き継いできたある家族の物語

ブータン出身のアルム・バッタライとハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーが共同監督したドキュメンタリー『ゲンボとタシの夢見るブータン』では、ブータンの小さな村に暮らし、代々寺院を引き継いできたある家族の物語を通して、そんな課題が浮かび上がってくる。

在家僧侶である父親は、長男のゲンボに、出家して寺院を継いでもらいたいと思っている。そうなるとゲンボは、世俗の学校を辞め、僧院学校に通うことになる。これに対して母親は、ゲンボにまず世俗の学校で英語教育を受けさせ、観光客に英語で寺の説明ができるようにすべきだと考えている。

子供たちは、仏教の伝統を守ろうとする父親とはまったく違う世界を生きている。ゲンボはサッカー好きで、ギターを習い、ゲームを楽しみ、フェイスブックで女の子と親しくなり、そして進路について思い悩む。妹のタシは、自分は本当は男の子だと思い、男の子のように振る舞い、ブータン初の女子サッカー代表チームに入ることを夢見ている。

この家族の関係で見逃せないのは、父親と子供たちの生年と年齢だろう。父親とゲンボとタシは、それぞれ1960年、2000年、2001年生まれで、映画の撮影当時、55歳、15歳、14歳だった。親子の世界の違いが際立つのは、年が離れていることももちろん大きいが、おそらくはそれだけではない。

テレビ放送によって価値観や世界観が変わっていく

ここで頭に入れておきたいのは、ブータン国内でテレビ放送が開始されたのが1999年だったということだ。

それを分岐点として、インターネットやスマホなども普及し、新しいメディアが特に若者たちに影響を及ぼしていくことになる。ゲンボやタシは、テレビ以後に誕生し、新しいメディアとともに成長してきた世代といえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

焦点:日本の水素戦略で鍵握る川重、供給網構築へ 運

ビジネス

UBS、第4四半期は137%増益 富裕層向け事業が

ワールド

NZ、来週にもコロナワクチン承認の可能性 年内の国

ビジネス

2020年度3次補正予算案を可決=衆院予算委

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 7

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 8

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 9

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 10

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!