コラム

ブータン寺院の家族が、押し寄せる近代化の波の中、手探りで幸せを見出す姿

2018年08月17日(金)13時10分

『ゲンボとタシの夢見るブータン』 (C)ÉCLIPSEFILM, SOUND PICTURES, KRO-NCRV

<1999年にテレビ放送が始まり、ブータンに急速に押し寄せる近代化。その変化と代々寺院を引き継いできた家族はどう折り合いをつけていくのか>

ブータン王国ですぐに思い出されるのは、GNH(国民総幸福量)だが、その理念を具体化していくためには、乗り越えなければならないハードルがある。

ブータンは1970年代まで鎖国政策をとってきたため、伝統文化と急速に押し寄せる近代化の波にどう折り合いをつけていくのかが大きな課題になる。

ブータンの寺院を代々引き継いできたある家族の物語

ブータン出身のアルム・バッタライとハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーが共同監督したドキュメンタリー『ゲンボとタシの夢見るブータン』では、ブータンの小さな村に暮らし、代々寺院を引き継いできたある家族の物語を通して、そんな課題が浮かび上がってくる。

在家僧侶である父親は、長男のゲンボに、出家して寺院を継いでもらいたいと思っている。そうなるとゲンボは、世俗の学校を辞め、僧院学校に通うことになる。これに対して母親は、ゲンボにまず世俗の学校で英語教育を受けさせ、観光客に英語で寺の説明ができるようにすべきだと考えている。

子供たちは、仏教の伝統を守ろうとする父親とはまったく違う世界を生きている。ゲンボはサッカー好きで、ギターを習い、ゲームを楽しみ、フェイスブックで女の子と親しくなり、そして進路について思い悩む。妹のタシは、自分は本当は男の子だと思い、男の子のように振る舞い、ブータン初の女子サッカー代表チームに入ることを夢見ている。

この家族の関係で見逃せないのは、父親と子供たちの生年と年齢だろう。父親とゲンボとタシは、それぞれ1960年、2000年、2001年生まれで、映画の撮影当時、55歳、15歳、14歳だった。親子の世界の違いが際立つのは、年が離れていることももちろん大きいが、おそらくはそれだけではない。

テレビ放送によって価値観や世界観が変わっていく

ここで頭に入れておきたいのは、ブータン国内でテレビ放送が開始されたのが1999年だったということだ。

それを分岐点として、インターネットやスマホなども普及し、新しいメディアが特に若者たちに影響を及ぼしていくことになる。ゲンボやタシは、テレビ以後に誕生し、新しいメディアとともに成長してきた世代といえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

3月全国百貨店売上高は前年比21.8%増、18カ月

ワールド

台湾、半導体産業の成長は今後数年続くと予想

ビジネス

みずほFG、21年3月期の連結純利益予想を4650

ビジネス

新規財源3.9兆円、金利上昇局面で超長期債に積極配

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中