コラム

ウォーターゲート報道にいたる分岐点 映画『ペンタゴン・ペーパーズ』

2018年03月29日(木)21時00分

では、タイムズとポストは実際にどれだけ違っていたのか。ここで、ベトナム戦争に対する両紙の取材態勢を確認しておいても無駄ではないだろう。タイムズは、65年にはすでにサイゴン支局に3人のきわめて優秀な記者を配置していた。そのひとりが、シーハンであり、彼はそこでダニエル・エルズバーグとも知り合っていた。

一方、ポストも記者を派遣していなかったわけではないが、影響力を持つ主筆がタカ派だったこともあり、ずっとベトナム戦争を支持してきた。戦争反対の姿勢を明確に打ち出したのは69年半ばのことで、東部の主要なマスコミ各社のなかで最も遅かった。ブラッドリーもベトナムには手をつけなかった。エルズバーグが機密文書をシーハンに託すのも当然だろう。

タイムズとポストがやっていることは、まったく次元が違っている

筆者は導入部のタイムズのエピソードが短いと書いたが、逆のこともいえる。そこには、ポイントになることが描き込まれているからだ。タイムズは、特別班を編成して、秘密が漏れないようにヒルトン・ホテルに部屋をとり、何週間もかけて機密文書を精査し、記事にまとめた。映画に描かれるのは、メッセンジャーがそのホテルで原稿を受け取り、編集局に向かって突っ走る場面だ。

さらに、ブラッドリーがシーハンの動向を探るというエピソードにも意味があるように思える。人材発掘に長けた彼は、問題提起や社会的責任よりもとにかく話題性を優先し、活気ある紙面を作ってきた。だから、ネタがなんであれ、先を越されるのが嫌でインターンにスパイさせる。その時点では、タイムズとポストがやっていることは、まったく次元が違っている。

そのため、そもそも機密文書を入手してもいないポストは、取材態勢や伝統や権威なども含めたタイムズとの途方もない落差を一気に縮めなければならなくなる。ポストの編集局次長のバグディキアンは、かつて働いていた研究所の同僚エルズバーグが内部告発者だと踏み、あちこち電話をかけまくり、ケンブリッジに飛ぶ。

彼が手に入れた機密文書のコピーは、秘密が漏れないようにブラッドリーの自宅に運ばれる。それから締切までの半日の間に、彼らは、タイムズが何週間もかけた作業をこなし、重大な決断を迫られる。

これがなければ、後のウォーターゲート事件の報道もできなかった...

この映画のラストに挿入されるあるエピソードは、その決断がどんな意味を持っていたのかを示唆する。『メディアの権力』によれば、ブラッドリーもグラハムも、後になって、ポストが超一流の新聞として独自の立場をとり、独自の決断を下したのはこの時がはじめてで、それがなければ、後のウォーターゲート事件の報道もできなかっただろうと考えるようになったという。

その決断があったから、ウォーターゲート事件で、ボブ・ウッドワードとカール・バーンスタインがあのように動き回ることができた。そのバーンスタインは、ポストがまだただの新聞だった時代に、ベトナム特派員になりたいという要請を4回もしたが、すべて却下されていた。

この映画とアラン・J・パクラ監督の『大統領の陰謀』(76)は前編と後編のような関係にあり、この映画にはそんな大きな物語の重要な分岐点が描き出されていることになる。

《参照/引用文献》
『メディアの権力――勃興と富と苦悶と(3)』デイビッド・ハルバースタム 筑紫哲也・斎田一路訳(サイマル出版会、1983年)


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
公開:3月30日(金)全国ロードショー
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

ワールド

日米首脳、中国を強くけん制 共同声明に台湾やウイグ

ワールド

米政権、難民受け入れ拡大計画を棚上げ 前政権の1.

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中