コラム

身長13センチになれば、この時代の生きづらさが解消する!? 映画『ダウンサイズ』

2018年02月27日(火)16時00分

初期の『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』(99)では、主人公の教師が上昇志向の塊の女子生徒に翻弄され、仕事も家庭も失う。そんな彼は自然史博物館に就職し、そこに展示されている原始人のジオラマが異なる視点を提供する。『アバウト・シュミット』で、定年退職し、妻に先立たれ、娘の結婚を阻止する目的を果たせなかった主人公は、式の帰りに開拓者を記念した博物館に立ち寄り、開拓者のジオラマに見入る。

『サイドウェイ』で、前妻への未練を断ち切れないままワイナリーを旅する主人公には、ピノ・ノワールに対する深いこだわりがある。ワイナリーのレクチャーでは、この品種が、ブルゴーニュで古代から栽培され、その遺産を引き継いでワイン造りが行われていると説明され、主人公も「地球の太古の味だ」と表現する。

ハワイを舞台にした『ファミリー・ツリー』の主人公は、事故で意識不明の妻が浮気していて、離婚も考えていたことを知ってあたふたする一方で、王の血を引く先祖から受け継いできた土地を売却する決断を迫られている。売却すればハワイ最後の自然が失われる。さらに映画の最後で、父親と娘たちが見ているのが、ドキュメンタリーの『皇帝ペンギン』だとわかることで、連綿とつづく生の営みが強調される。

つまり、ペインは、目先の問題であたふたする男たちを、個人を超えた大きな視野からとらえてもいる。それを踏まえるなら、この新作の物語に人口や環境問題、サスティナビリティなどが絡んでくるのも決して不思議なことではない。

人類の問題を解決するためにこの技術を生み出したが...

興味深いのは、ダウンサイズという技術に対するペイン独自のアプローチだ。ペイン自身はそれを意識していたわけではないが、この映画からは、他者を排除する壁やパリ協定離脱騒動の余波といった、トランプ以後を連想させるような世界が浮かび上がってくる。

ダウンサイズの目的はひとつではなく、その違いがポールを取り巻く強烈なキャラクターたちに反映されていく。

ヨルゲン博士は人類の問題を解決するためにこの技術を生み出した。しかしそれが、アメリカの資本主義に取り込まれ、テレビショッピングのようなプロモーションによって、郊外化のように消費されていく。ポールも人類を救うために小さくなるわけではない。

ポールは「レジャーランド」で二人の人物と親しくなるが、彼らはそれぞれに異なる現実を象徴している。ポールの隣人のセルビア人デュシャンは、単なる消費者ではない。元の世界とのパイプを利用して、相棒とともに麻薬や葉巻などを売りさばいて大儲けし、夜毎パーティーを繰り広げ、贅沢三昧に暮らしている。

もうひとりは、デュシャンの家に清掃業者として出入りするヴェトナム人女性ノク。足が悪いノクを気遣ったポールは、彼女に同行することで、「レジャーランド」に隔離された空間があることを知る。コミュニティを取り巻く壁に開けられた穴をくぐり抜けると、そこにはスラムがあり、貧しいラテンアメリカ人やアジア人が暮らしている。彼らは、支配者によって意に反してダウンサイズされた政治活動家や移民だった。

現実世界の縮図の果てに

サスティナビリティを確かなものにしようとするヨルゲン博士、すべてをビジネスにするデュシャン、社会から排除されたノク。そんな象徴的な人物を通して、この映画の世界は現実の縮図と化していく。そして、ダウンサイズに限界を感じた博士は、さらに過激な計画を実行に移そうとする。

ペインは、人生の危機に直面し、悲観的になっている普通の男を、そんな世界に放り出す。ポールは、小さくなることによって、これまで考えもしなかった大きな世界と向き合うことになるのだ。


『ダウンサイズ』
公開:3月2日(金) TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー!
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 5

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 6

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に …

  • 10

    イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!