コラム

身長13センチになれば、この時代の生きづらさが解消する!? 映画『ダウンサイズ』

2018年02月27日(火)16時00分

初期の『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』(99)では、主人公の教師が上昇志向の塊の女子生徒に翻弄され、仕事も家庭も失う。そんな彼は自然史博物館に就職し、そこに展示されている原始人のジオラマが異なる視点を提供する。『アバウト・シュミット』で、定年退職し、妻に先立たれ、娘の結婚を阻止する目的を果たせなかった主人公は、式の帰りに開拓者を記念した博物館に立ち寄り、開拓者のジオラマに見入る。

『サイドウェイ』で、前妻への未練を断ち切れないままワイナリーを旅する主人公には、ピノ・ノワールに対する深いこだわりがある。ワイナリーのレクチャーでは、この品種が、ブルゴーニュで古代から栽培され、その遺産を引き継いでワイン造りが行われていると説明され、主人公も「地球の太古の味だ」と表現する。

ハワイを舞台にした『ファミリー・ツリー』の主人公は、事故で意識不明の妻が浮気していて、離婚も考えていたことを知ってあたふたする一方で、王の血を引く先祖から受け継いできた土地を売却する決断を迫られている。売却すればハワイ最後の自然が失われる。さらに映画の最後で、父親と娘たちが見ているのが、ドキュメンタリーの『皇帝ペンギン』だとわかることで、連綿とつづく生の営みが強調される。

つまり、ペインは、目先の問題であたふたする男たちを、個人を超えた大きな視野からとらえてもいる。それを踏まえるなら、この新作の物語に人口や環境問題、サスティナビリティなどが絡んでくるのも決して不思議なことではない。

人類の問題を解決するためにこの技術を生み出したが...

興味深いのは、ダウンサイズという技術に対するペイン独自のアプローチだ。ペイン自身はそれを意識していたわけではないが、この映画からは、他者を排除する壁やパリ協定離脱騒動の余波といった、トランプ以後を連想させるような世界が浮かび上がってくる。

ダウンサイズの目的はひとつではなく、その違いがポールを取り巻く強烈なキャラクターたちに反映されていく。

ヨルゲン博士は人類の問題を解決するためにこの技術を生み出した。しかしそれが、アメリカの資本主義に取り込まれ、テレビショッピングのようなプロモーションによって、郊外化のように消費されていく。ポールも人類を救うために小さくなるわけではない。

ポールは「レジャーランド」で二人の人物と親しくなるが、彼らはそれぞれに異なる現実を象徴している。ポールの隣人のセルビア人デュシャンは、単なる消費者ではない。元の世界とのパイプを利用して、相棒とともに麻薬や葉巻などを売りさばいて大儲けし、夜毎パーティーを繰り広げ、贅沢三昧に暮らしている。

もうひとりは、デュシャンの家に清掃業者として出入りするヴェトナム人女性ノク。足が悪いノクを気遣ったポールは、彼女に同行することで、「レジャーランド」に隔離された空間があることを知る。コミュニティを取り巻く壁に開けられた穴をくぐり抜けると、そこにはスラムがあり、貧しいラテンアメリカ人やアジア人が暮らしている。彼らは、支配者によって意に反してダウンサイズされた政治活動家や移民だった。

現実世界の縮図の果てに

サスティナビリティを確かなものにしようとするヨルゲン博士、すべてをビジネスにするデュシャン、社会から排除されたノク。そんな象徴的な人物を通して、この映画の世界は現実の縮図と化していく。そして、ダウンサイズに限界を感じた博士は、さらに過激な計画を実行に移そうとする。

ペインは、人生の危機に直面し、悲観的になっている普通の男を、そんな世界に放り出す。ポールは、小さくなることによって、これまで考えもしなかった大きな世界と向き合うことになるのだ。


『ダウンサイズ』
公開:3月2日(金) TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー!
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!