コラム

ウォール街を出しぬいた4人の男たちの実話

2016年02月19日(金)16時30分

 そしてここで特に注目したいのは、その後合併したJPモルガン・チェースが、急拡大するCDOやCDSの領域でライバル銀行に遅れをとるようになるということだ。この銀行には、信用リスク管理こそが強みだというJ・P・モルガン時代の理念が引き継がれていたため、企業向け融資とはまったく違う住宅ローンの証券化に慎重になったからだ。そこで銀行が打ち出した方針は、この映画の世界と深く結びつくことになる。

彼らの行動が被害をさらに大きくした?

 住宅市場のリスクを察知した銀行は、未売却の住宅ローン債権を減らし、自社の住宅ローン担保債で発生したデフォルトの損失保証を手当てするCDSを買い始める。「そうした住宅ローン・デリバティブは数年前にはほとんど存在していなかったが、急速に存在感が高まっていた」。それは、この映画に登場するような人々が、CDSで賭けに出ていたからだ。しかもこの方針は、市場にまで大きな影響を及ぼす。住宅市場はいまだに強気で、CDOの需要に供給が追いつかず、CDS契約がその優れた代替品になっていく。

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』。クリスチャン・ベールの演技にも注目。


 「というのも、少なくともJPモルガン・チェースのようにリスクヘッジのためにそれを買う者がいる限り、こうした商品をどれだけ作ろうとも制約はなかったからだ。皮肉なことに、JPモルガン・チェースがサブプライムローンに対して慎重な立場を取ったことで、他社は住宅ブームの中、資産の裏付けのある債券だけに縛られていた時代には不可能であったほど大量の住宅ローン・デリバティブのリスクを抱え込むことになった」

 こうした背景を踏まえるなら、ウォール街とアウトローたちの大勝負は、単純で痛快なドラマになるはずもない。彼らの行動が被害をさらに大きくしたと見ることもできる。それだけに、ドラマには複雑な感情が滲む。無名の資本家コンビを支援したベンは、破綻によって私財を失う人々を思い、狂喜するふたりを厳しくたしなめる。ヘヴィメタ好きのマイケルは、湧き上がる感情をぶつけるようにドラムを叩く。強い道徳観を持つマークは激しい葛藤に苛まれる。

 ジリアン・テットは前掲同書でJ・P・モルガンのチームが生み出した革新的な金融商品について以下のように書いている。

「彼らの生み出したコンセプトは世界中に広がり、模倣され、住宅ローン金融における証券化という別のイノベーションと運命的に結びついてしまった。その結果、巨大な信用バブルの発生・膨張とその後の恐るべき金融崩壊の両局面において、決定的に重要な役割を果すことになったのである」

 この映画の主人公たちが、そんな流れのなかでそれぞれにどのような役割を果たしたのかを考えてみると、ドラマがより深いものになるだろう。


●参照/引用文献
『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』マイケル・ルイス 東江一紀訳(文藝春秋、2010年)
『愚者の黄金――大暴走を生んだ金融技術』ジリアン・テット 平尾光司監訳・土方奈美訳(日本経済新聞出版社、2009年)

●映画情報
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
監督:アダム・マッケイ
公開:2016年3月TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.


プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

米経済、ワクチン実用化で21年後半に回復=ミネアポ

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、週明け7日めど 超党派案た

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!