最新記事
シリーズ日本再発見

日本唯一の「サンダーバード」公認人形師・坂本健二は「本物以上に本物」

2021年12月24日(金)11時45分
ペン編集部
坂本健二/TB(サンダーバード)造形作家

坂本健二/TB(サンダーバード)造形作家。オリジナルのキャラクター「ブルーアロー」だけでなく、マリリン・モンローなど著名人の「そっくり人形」の作例など、数々の作品を手がける。坂本の作品はぜひ、ホームページ「スターレックス STARLEX」を見てほしい。https://bluearrow.p-kit.com/  ©Pen BOOKS

<1966年に日本で『サンダーバード』が初放映されて半世紀。その日本には、本国イギリスをも唸らせる公認の人形作家がいる>

※この記事は、2022年1月7日公開の日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』に合わせ、Pen誌の人気特集を大幅増補&アップデートして刊行された書籍『ペンブックス サンダーバード完全読本。』より。

2013年に開催された「サンダーバード博」、そして映画公開を記念して2021年9月30日に行われたファンイベントでも、会場にサンダーバードのキャラクターたちが飾られた。この人形をつくった人物こそが、「TB造形作家」こと、坂本健二だ。「本物以上に本物」と、国内の版権管理を担う東北新社だけでなく本国イギリスも唸らせる、日本国内で唯一公認されている人形作家だ。

penbooks20211224-kenjisakamoto-2.jpg

坂本が2011年に制作したペネロープが、YouTubeチャンネル「徹子の気まぐれTV」で黒柳徹子さんと共演。「ねぇねぇ知ってる? ロンドンのペネロープ嬢と私の関係」のペネロープ・ファッションの徹子さんも必見! ©Kenji Sakamoto

penbooks20211224-kenjisakamoto-3.jpg

徹子さん絶賛の小物は、すべて妻・泰子さんの手作り。坂本がセレクトし、泰子さんは精巧な作りで応え、最後は坂本が取り付けて完成するという。洋服、アクセサリーだけでなく、ソファもお手製とは驚きだ。 ©Kenji Sakamoto

その坂本は異色の人であり、不屈の人でもある。大学でスペイン語を学び、船会社を経て貿易会社を経営していた1990年代前半、趣味ではじめたフルスクラッチの模型が人形作家としての原点だ。雑誌『宇宙船』に投稿された作品は、その精巧なつくりで誌面の常連となり、広く知られる存在となる。しかし、ちょうどその頃に阪神・淡路大震災が起こり、「一か八か、これからは好きなことをして生きていこう」と貿易会社を畳み、人形作家として生きていく決心をする。

「それからが長かったんです」と謙虚に話す坂本だが、TV番組や広告で使用されるものや個人向けのオーダーメイドの人形で、次第に軌道に乗り始める。そして、「TB造形作家」としての扉が開いたのは、2001年。自らが古くからの大ファンだったサンダーバードの人形を手がけ、東北新社に持ち込むと、「ぜひ預からせてほしい」と担当者に言われ、本国イギリスに送られた。そしてイギリスからすぐに正式な認定の返事をもらい、2002年からサンダーバードの日本唯一の公認人形師となる。「サンダーバード」の人形制作者であり、操り人形の世界的権威のジョン・ブランダール氏が来日した2004年のイベントでも、「日本代表」として対面を果たすなど、その活躍は今に至る。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中