最新記事
シリーズ日本再発見

日本唯一の「サンダーバード」公認人形師・坂本健二は「本物以上に本物」

2021年12月24日(金)11時45分
ペン編集部

休まずにどんなに急いでも制作には1体あたり3週間を要し、しかもその精緻なつくりとなれば、30万円の価格を圧倒するクオリティであることは明らかだ。実際、「一番苦労するのは顔」と述べるとおり、サンダーバードの人形の魅力はその表情と身体動作にある。目は左右に動き、唇は手動により可動、首も縦方向・回転、腕も回転・横方向に動き肘下も回転、また上半身も腰から動くなど、坂本は一体一体に命を吹き込む、魔術師なのだ。

公認人形師が日本人であることに、心地よい誇りと敬意を抱かずにはいられない。これからの坂本のさらなる活躍にサンダーバードファンのみならず、ぜひ注目し続けたい。

penbooks20211224-kenjisakamoto-5.jpg

定規と並んだ4号。50㎝強という、そのサイズ感がよくわかる。 ©Kenji Sakamoto

penbooks20211224-kenjisakamoto-6.jpg

塗装表現の世界は奥が深く、「上には上がいます」と謙遜する坂本だが、部品の継ぎ目や隙間の汚し(ウェザリング)も実にリアル。実際、世界中を飛び回るサンダーバードの機体は無傷ではなかったはずだ。 ©Kenji Sakamoto

ペンブックス サンダーバード完全読本。
 ペン編集部 編
 CCCメディアハウス

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

■お知らせ■
「サンダーバード55周年シネマコンサート」が1月9日に東京オペラシティ コンサートホールで行われる。人気コーラスグループ「フォレスタ」やジャズの殿堂「ブルーノート」から特別ゲストも参加し、迫力の映像と共にサンダーバードサウンドが届けられる。

【コンサート概要】
日時:2022年1月9日(日) 15:00時回~/19:00時回~
会場:東京オペラシティ コンサートホール
出演:西村友 (指揮)、東京佼成ウインドオーケストラ、【ゲスト出演】松永貴志 (ピアノ/作曲)、フォレスタ(コーラス)
チケット他詳細情報はこちらから

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米1月新築住宅販売、1.5%増の66.1万戸 予想

ワールド

バイデン・トランプ両氏、南部国境訪問へ 移民問題が

ワールド

対ロ制裁、第三国銀行追加で資金の流れ減退=米財務副

ワールド

ヨルダン国王、ラファ地上戦の危険性を警告 即時停戦
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 9

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中