最新記事

シリーズ日本再発見

警察幹部がなぜ鬼平を愛読?──から始まった東京での「江戸」探し

2017年12月27日(水)15時52分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
警察幹部がなぜ鬼平を愛読?──から始まった東京での「江戸」探し

Hiro_photo_H-iStock.

<『鬼平犯科帳』は長谷川平蔵という実在の、いわば「警視庁・捜査1課トップ」をモデルとした小説。小説の世界と、史実の江戸と、現代の東京。古地図と想像力を携えて歩いた元新聞記者が見つけたものとは?>

2020東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1000日を切り、東京は変化のスピードを増している。あちこちでビルの建て替えが進み、渋谷駅周辺の大規模再開発はさらにピッチを上げて、延期になっていた築地市場の豊洲移転も2018年10月で合意された。今後ますます街の様子は変わっていくことだろう。

だが一方で、ずっと変わらない風景もある。1964年の東京五輪以前どころか、250年前の江戸の庶民の暮らしぶりが、今もあちこちで感じられるのが東京という街だ。

毎日新聞(東京版)の連載をまとめた『古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」 から見える東京21世紀』(小松健一、CCCメディアハウス)は、そんな東京の一面を改めて思い起こさせてくれる。

新聞社には、入社間もない新聞記者が担当することの多い「サツ回り」という仕事がある。朝・夕と警察署を回って、事件や事故の有無を確認し、何かあれば現場へ駆けつけるのが仕事だ。著者の小松氏は、毎日新聞記者としてそのサツ回りをしていた頃に、『鬼平犯科帳』を愛読する警察幹部が少なからずいることを知ったという。

『鬼平犯科帳』は池波正太郎の代表作の1つで、長谷川平蔵という実在の人物がモデルになっている。1787年に江戸の「火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)」、現在で言う警視庁・捜査1課のトップになった人物だ。

時代小説の主人公に過ぎないと思っていた「鬼平」が、現在の警察官や警察組織にとっても何らかの指針なり教訓なりを与えている――そのことに驚き、興味を駆られた著者は、古地図を片手に、鬼平が活躍した江戸の風景を求めて街に出た。

鬼平と平蔵

「火付盗賊改方」とは文字どおり、放火や窃盗・強盗といった凶悪事件を担当する。江戸幕府はいわば軍事政権なので、火付盗賊改方も、治安維持部隊である「先手組」から派遣されていたという。長谷川平蔵は、そのトップである長官を8年にわたって務めた。これは歴代最長記録だそうだ。

「鬼平」という名から、さぞかし町民に恐れられたのだろうと思いきや、史実の平蔵は、池波が小説に描いたとおりの人物だったらしい。平蔵が活躍した当時の江戸の出来事を書き記した『よしの冊子』という史料にある記述を、著者が紹介している。


 捕らえた盗賊の身なりが粗末だったので、平蔵は着物を買い与えてから連行したこと。市中見回りの途中、派手な夫婦喧嘩に遭遇した平蔵が仲直りさせたこと、どうせ捕まるのなら町奉行所よりも慈悲深い平蔵のお縄にかかりたいと盗賊が自首したこと、江戸の庶民の間では「いままでにいなかった素晴らしい火盗改方の長官だ」と評判で慈悲深い方だと喜ばれていたこと......。(本書14~15ページより)

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!