最新記事

シリーズ日本再発見

活字離れの今、この「活字」と印刷の歴史資料を堪能する

2016年09月23日(金)12時55分
高野智宏

教科書でしか見たことのなかった本物を

 プロローグ展示を抜けた先に広がるのが、同館のメイン展示エリアとなる「総合展示ゾーン」だ。「ここでは誕生から現代にいたる印刷の歴史を大きく5つのブロックに分け、さらにそれぞれのブロックに社会、技術、表現という3つの視点を加えて、印刷と文化の関わりについて多角的な展示を行っている。また、重要な展示物に関しては解説モニターを用意し、動画でも解説している」(石橋氏)

 各ブロックには、歴史的に重要な意味を持つ展示物も多い。例えば、印刷黎明期の仏典などを展示する「印刷との出会い」ブロックでは、印刷された764~770年(奈良時代)という年代が記録に残る、現存する世界最古の印刷物「百万塔陀羅尼」が、約1250年もの時を経て当時と変わらぬ鮮やかな呪文を映し出す。

 これは、時の天皇である称徳天皇が国家の安寧を願い100万枚ほど印刷させたもので、同じく展示されている小塔にひとつひとつ納められ、法隆寺などの寺院に分置された。

 活字誕生期の資料が並ぶ「文字を活かす」ブロックでは、同館のコレクションのなかでも「最も重要なものとなる」(石橋氏)、重要文化財の「駿河版銅活字」が展示されている(冒頭の写真)。日本で最初の銅活字であり、この活字を使って「論語」や「史記」などの古典から治世に関する事項を抜粋・編集した「群書治要」47巻などが刊行されたという。武から文(知)の統治へと移り変わる時代を表す、極めて貴重な資料といえるだろう。

 また、図版の技術が確立された時代の印刷物を展示する「色とかたちを写す」ブロックも充実している。

 フランスの思想家らにより、1751~80年とおよそ30年かけて編纂された「百科全書」。そして、ドイツ人医師のヨハン・アダム・クルスが記した医学書のオランダ語訳「ターヘル・アナトミア」を前野良沢と杉田玄白が翻訳した、日本初の本格的な翻訳書「解体新書」が。さらには、黒船を率いたペリー提督がアメリカに帰国した後に残した公式の記録書「日本遠征記」......。

 歴史的に非常に価値があり、教科書でしか見たことのなかった"本物"を間近に見ることができる悦びはこの上ない。

japan160923-2c.jpg

総合展示ゾーンには、グーテンベルクが発明した西洋式活版印刷術の約150年後に製造された木製手引印刷機を復元したものや、浮世絵の製造行程および環境を再現した錦絵工房。さらには、ポスターなど大判の印刷物の版下を製版用フィルムに転写する「大型懸垂式製版カメラ」(写真右手)など、印刷技術の発展を物語る資料も

現代グラフィックデザインの企画展も

 企画点にも力を入れる同館は、この「総合展示ゾーン」で年に1度、大規模な企画展を開催している。「過去には、国宝2点、重要文化財31点を含む約80点もの書物や版画、版木などを展示した『空海からのおくりもの――高野山の書庫の扉をひらく』展や、ヴァチカン教皇庁図書館所蔵の貴重な中世写本や初期観光本、地図や書簡などルネッサンスの息吹を感じる企画展『ヴァチカン教皇庁図書館展』などを開催し、好評を博した」(石橋氏)

 10月22日からは「武士と印刷」展の開催を予定(~2017年1月15日)。戦国時代や江戸時代に印刷物を制作させた武将や将軍、藩主らに焦点を当て、江戸時代に人気を博した「武者絵」と呼ばれる浮世絵なども展示する。武を本分とする武士たちが、当時の知の象徴といってもいい印刷をどのように治世に活用していたのか。なんとも興味をそそる企画展ではないか。

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!