コラム

カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

2018年02月07日(水)19時55分
カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

予定されていたプッチダモン信任投票が延期されたにもかかわらず、プッチダモンのお面を被って、州議会近くでデモの参加する独立派市民 Photograph by Toru Morimoto

<「亡命中」の独立派プッチダモンの首相就任が掛かった信任投票が、当日、突然延期された。緊迫状態が続くカタルーニャだが、市民たちの側には思わぬ変化も見え始めている>

「民は政府に従わない。政府が民に従うのだ」

元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモンの首相就任の信任投票が延期された1月30日、独立賛成派の人々がプッチダモンのお面を被り、州議会議事堂に詰めかけた。

独立派が過半数を占めた昨年12月の選挙結果を受け入れるよう、スペイン中央政府に対して要求したが、群衆はカタルーニャ州警察によって解散させられた。10月には独立を問う住民投票の遂行を助けた州警察だが、自治権を失った今は、中央政府直轄になってしまった。

信任投票が予定されていた日の朝は、携帯電話に届いた「カタルーニャ議会議長ルジェー・トゥレン、信任投票を延期する」という速報で飛び起きた。まさに寝耳に水だ。

前回のブログで述べたように、ひょっとして「亡命中」のプッチダモンが、自身の信任投票のために州議事堂に現れるのではないかと期待が高まっていた。私は「何が起こるか分からない」と書いたが、「延期」はまさに想定外だった。

プッチダモン当選のためのお膳立ては整っていた。スペイン憲法裁判所に代理人投票が禁じられたプッチダモン以外の「亡命中」の4議員中3議員は辞職して、同党所属の別議員に議席を譲った。投票さえ行われれば、プッチダモンが過半数68票を確保して州首相に選出されるはずだった。

言論の自由を奪われた議員たち

なぜ信任投票が延期されたのか。実に不可解なことだらけだ。トゥレン議長がスペイン中央政府の脅迫に屈したのだろうか。

投票を取り仕切る彼に対して、スペイン中央政府の与党・国民党は「トゥレンには2人の子供がいる。(信任投票が行われると)どうなるか分かるだろう」と公に発言していた。そばにいて面倒を見るべき子供がいるにもかかわらず逮捕・拘留されてもよいのか、と脅したのだ。

確かに、信任投票が強行されていたら、カタルーニャ州政府は再び強制的に解体され、トゥレンをはじめ、多くの議員が逮捕されていただろう。

実際に、10月の独立宣言時には「反逆罪」や「煽動罪」などで8人の議員が逮捕された前例があり、身柄を拘束されるよりは議員辞職を選んだ人もいる。逮捕後に釈放された元閣僚2人は「個人的理由」として議員辞職し、獄中の元閣僚も釈放を早めるため、拘留中に議員を辞職した。

また、釈放後も議員を続けている人たちは、パスポートを没収されスペインから出国できず、定期的に法廷に出頭する必要がある。その中の1人であるジュセップ・ルイ議員は、いつ再逮捕されるか分からないプレッシャーの中では「言えることと、言えないことがある」と、言論の自由がないままの政治活動を強いられていることを、地元紙に告白している。

彼らはスペインの法律下で政治活動を行うことを条件に釈放されており、カタルーニャの一方的な独立宣言は法に触れる。現在も調査継続中のケースとされ、少しでも違法性が疑われる言動があれば刑務所に戻される。

morimoto180207-2.jpg

Photograph by Toru Morimoto

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ビジネス

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 株価上昇

ビジネス

マクドナルド、第3四半期は海外好調で米の鈍化補う 

ビジネス

欧州委、イタリア予算案を拒否 3週間以内の再提出求

ワールド

シリアで拘束とみられる安田さん解放か、政府が確認中

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

  • 2

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 3

    9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

  • 4

    背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

  • 5

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 9

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 10

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 10

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 5

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 6

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!