コラム

ロシアW杯を見なかったカタルーニャ人が抱くW杯出場の夢

2018年08月30日(木)18時30分
ロシアW杯を見なかったカタルーニャ人が抱くW杯出場の夢

Photograph by Toru Morimoto

<バルサに熱狂するサッカー好きのカタルーニャ人は、なぜワールドカップを見なかったのか>

「ゴール、ゴル、ゴル、ゴル、ゴール!!」

テレビやラジオからの雄叫びが響く。8月中旬、スペイン国内サッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラが開幕した。

メッシ率いる昨シーズンの優勝チームFCバルセロナ(通称バルサ)がいきなり2連勝し、盛り上がりを見せるバルセロナ。リーガが終わる来年5月まで、カタルーニャの首都バルセロナではバルサの試合が最大の人気エンターテインメントとなる。

ところで、日本が湧いたロシア・ワールドカップ(W杯)は、カタルーニャでは盛り上がらず、あっけなく過ぎ去った。

決勝トーナメントは6月30日から始まったが、7月の視聴率調査によると、スペイン全土では7月に最も視聴された番組トップ20は全てW杯の試合だったが、カタルーニャだけで見ると、最も視聴された番組トップ20のうち12番組がカタルーニャテレビ局の番組、つまりW杯以外の番組だった。カタルーニャでは、W杯に対する関心がスペインに比べてとても低いことが分かる。

とはいえ、カタルーニャでもW杯を見ないわけではなく、放送された試合のうち上位の視聴率を記録した番組もある。W杯をテレビ観戦した人たちを大きく分けると3つのグループに分けられるようだ。

①スペインを応援する人
②スペインに負けてほしいアンチ・スペインの人
③自国(出身国)を応援する移民とツーリスト

これらの人々の関心が重なりあう試合のみが、視聴率がグッと伸びる。

①と②が重なった例:
スペインがベスト8進出をかけた決勝トーナメント1回戦の対ロシア戦(7月1日)。結果はPKでスペイン敗退。スペインではもちろん、カタルーニャでも、7月に最も視聴された番組となった。

①と③が重なった例:
1次リーグのスペイン対モロッコ戦(6月25日)。カタルーニャのモロッコ系移民は20万人以上で、出身国ごとの移民人口では桁違いで最も多く、全移民の約20%をモロッコ系が占める。カタルーニャで6月に最も視聴された番組。

ちなみに、世界中が1次リーグの中で最も楽しみな試合に選んでいたスペイン対ポルトガル戦(6月15日)は、スペインの第1戦であり、金曜の夜20時のプライムタイムだったにもかかわらず、カタルーニャでの6月視聴率番組トップ10にも入っていない。

カタルーニャでバルまで行ってW杯のテレビ放送にかじりついているのは、自国が出場している海外からの移民かツーリストがほとんどだ。

私がカタルーニャに移住して初めてのW杯であった2006年ドイツ大会のときは、日本対ブラジル戦を近所のバルで地元の人たちと観戦しようと足を運んだが、客はまばらだった。そのため、たまたま居合わせたサムライ・ブルーのユニフォームを着込んだ日本人ツーリスト2人と、人気のないテレビの最前列席で一緒に観戦することに。リーガではいつも大盛況のバルなのに、そのとき盛り上がっていたのは私たちだけだった。

結局、多くのカタルーニャの人にとっては、いつのW杯も「自国代表」が出場していないのだ。日本代表がピッチにいないW杯は、日本でも盛り上がらないだろう。それと同じなのだ。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!