コラム

「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

2018年01月16日(火)12時17分
「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

カガ・ティオ(うんこ丸太)。12月初旬から食べ物を与えて毛布を掛けてあげると、クリスマスには毛布の下にお菓子や小さなプレゼントを“排便”してくれる Photograph by Toru Morimoto

<12月の地方選で再び過半数を得たにもかかわらず、独立派リーダーたちは投獄・亡命状態のまま。家族でクリスマスを過ごすこともできなかった。今週、緊迫のカタルーニャ情勢は新たな展開を迎える>

日本で『うんこ漢字ドリル』が大ヒットする何世紀も前から、カタルーニャでは「うんこ丸太」が愛されている。

クリスマスをカタルーニャ伝統料理のアスクデーリィア(ソーセージ、キャベツ、人参、ひよこ豆などで出汁を取り、カタツムリの殻のような形状のパスタを入れたスープ)で祝った後、子供たちは木の棒を持ってカガ・ティオ(うんこ丸太)と呼ばれる丸太に股がり、カタルーニャ語で歌う。

食べ物を先祖にお供えし、残りを子孫が頂くという風習から、いつしか丸太に食べ物を与えて、うんこ(=プレゼント)をもらうという風習に至ったのではと言われている。


うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロ(クリスマス菓子)を
ニシンは出さないでよ、塩辛すぎるからね
トゥロを出して、もっと美味しいから
うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロを出して
出したくなかったら棒で一発叩くよ
うんこして、ティオ!

冬至の頃に丸太を木の棒で叩く行為は、自然を冬から目覚めさせるために行われてきた大昔からの習わしに起源を発するという説がある。「うんこ丸太」に掛けられた赤い毛布を除けると、ティオのうんこならぬお菓子やプレゼントが現れ、子供たちの無邪気な歓声が家族団欒を彩る。翌日、スペインでは平日に戻るが、カタルーニャでは翌日も祭日であり、ゆったりとした時が流れる。

私は毎年、カタルーニャでは聖人サン・アステバを祝う祭日にあたる12月26日、カタルーニャ人のパートナーとその家族と共にバルセロナから車で1時間ほどのサン・アステバ・ダ・パラウトゥルデラという村を訪れ、そこに住む彼らの親戚とクリスマス料理を食べることにしている。だが昨年の12月26日、そこには例年と違った風景が広がっていた。

50メートルほど続くメインストリートに立つ並木の全てが、「政治犯」釈放を求める黄色のテープで覆われていたのだ。

レストランで食事中、老夫婦が入って来た。今では誰も正装しなくなったこの伝統的な祭日に、スーツによく磨かれた黒い革靴を履いた夫と、カラフルな洋服に身にまとい、杖をつく婦人が席に付いた。彼らの胸にも黄色いリボンが付けられていた。

都会の若者たちのようにデモに参加して声高に主張することはないが、片田舎で静かにカタルーニャの伝統を守り続ける彼らの確固たる信念を感じた。

昨年10月のカタルーニャ独立宣言後からスペインの刑務所に投獄されているカタルーニャの独立派政治家と市民独立運動グループのリーダーらは、地元で家族とクリスマスを祝うことは許されず、マドリード郊外の荒涼とした地に拘置されたままだ。

morimoto180116-2.jpg

後日、隣村のガソリンスタンドで「正装の老人」シャビエル・クルテス(93)に出会った。胸には黄色のリボンを付けていた Photograph by Toru Morimoto

プッチダモンの「遠隔地就任」を模索するが

さて、今後のカタルーニャ政府はどうなるのか。

12月21日に行われたカタルーニャ地方選挙では、独立派政党の合計議席が再び過半数を超えた。元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモン率いる政党「カタルーニャのための団結(ジュンツ・パル・カタルーニャ)」が独立派で最大の議席を獲得し、プッチダモンが今もカタルーニャの首相だという民意が示されている。

現在ブリュッセルに亡命中のプッチダモンは、カタルーニャに戻って首相に就任する意欲を示しているが、彼がカタルーニャに入った時点で、スペイン警察によって即逮捕されることが確実視されている。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 8

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!