コラム

「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

2018年01月16日(火)12時17分
「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

カガ・ティオ(うんこ丸太)。12月初旬から食べ物を与えて毛布を掛けてあげると、クリスマスには毛布の下にお菓子や小さなプレゼントを“排便”してくれる Photograph by Toru Morimoto

<12月の地方選で再び過半数を得たにもかかわらず、独立派リーダーたちは投獄・亡命状態のまま。家族でクリスマスを過ごすこともできなかった。今週、緊迫のカタルーニャ情勢は新たな展開を迎える>

日本で『うんこ漢字ドリル』が大ヒットする何世紀も前から、カタルーニャでは「うんこ丸太」が愛されている。

クリスマスをカタルーニャ伝統料理のアスクデーリィア(ソーセージ、キャベツ、人参、ひよこ豆などで出汁を取り、カタツムリの殻のような形状のパスタを入れたスープ)で祝った後、子供たちは木の棒を持ってカガ・ティオ(うんこ丸太)と呼ばれる丸太に股がり、カタルーニャ語で歌う。

食べ物を先祖にお供えし、残りを子孫が頂くという風習から、いつしか丸太に食べ物を与えて、うんこ(=プレゼント)をもらうという風習に至ったのではと言われている。


うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロ(クリスマス菓子)を
ニシンは出さないでよ、塩辛すぎるからね
トゥロを出して、もっと美味しいから
うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロを出して
出したくなかったら棒で一発叩くよ
うんこして、ティオ!

冬至の頃に丸太を木の棒で叩く行為は、自然を冬から目覚めさせるために行われてきた大昔からの習わしに起源を発するという説がある。「うんこ丸太」に掛けられた赤い毛布を除けると、ティオのうんこならぬお菓子やプレゼントが現れ、子供たちの無邪気な歓声が家族団欒を彩る。翌日、スペインでは平日に戻るが、カタルーニャでは翌日も祭日であり、ゆったりとした時が流れる。

私は毎年、カタルーニャでは聖人サン・アステバを祝う祭日にあたる12月26日、カタルーニャ人のパートナーとその家族と共にバルセロナから車で1時間ほどのサン・アステバ・ダ・パラウトゥルデラという村を訪れ、そこに住む彼らの親戚とクリスマス料理を食べることにしている。だが昨年の12月26日、そこには例年と違った風景が広がっていた。

50メートルほど続くメインストリートに立つ並木の全てが、「政治犯」釈放を求める黄色のテープで覆われていたのだ。

レストランで食事中、老夫婦が入って来た。今では誰も正装しなくなったこの伝統的な祭日に、スーツによく磨かれた黒い革靴を履いた夫と、カラフルな洋服に身にまとい、杖をつく婦人が席に付いた。彼らの胸にも黄色いリボンが付けられていた。

都会の若者たちのようにデモに参加して声高に主張することはないが、片田舎で静かにカタルーニャの伝統を守り続ける彼らの確固たる信念を感じた。

昨年10月のカタルーニャ独立宣言後からスペインの刑務所に投獄されているカタルーニャの独立派政治家と市民独立運動グループのリーダーらは、地元で家族とクリスマスを祝うことは許されず、マドリード郊外の荒涼とした地に拘置されたままだ。

morimoto180116-2.jpg

後日、隣村のガソリンスタンドで「正装の老人」シャビエル・クルテス(93)に出会った。胸には黄色のリボンを付けていた Photograph by Toru Morimoto

プッチダモンの「遠隔地就任」を模索するが

さて、今後のカタルーニャ政府はどうなるのか。

12月21日に行われたカタルーニャ地方選挙では、独立派政党の合計議席が再び過半数を超えた。元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモン率いる政党「カタルーニャのための団結(ジュンツ・パル・カタルーニャ)」が独立派で最大の議席を獲得し、プッチダモンが今もカタルーニャの首相だという民意が示されている。

現在ブリュッセルに亡命中のプッチダモンは、カタルーニャに戻って首相に就任する意欲を示しているが、彼がカタルーニャに入った時点で、スペイン警察によって即逮捕されることが確実視されている。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ビジネス

焦点:日本の水素戦略で鍵握る川重、供給網構築へ 運

ビジネス

英失業率、9ー11月は5.0% 2016年以降で最

ビジネス

MSCI、中国企業5社を世界株価指数から除外へ

ワールド

ドイツ保健相、コロナワクチン輸出規制案に支持表明

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 7

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 8

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 9

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 10

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!