コラム

「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

2018年01月16日(火)12時17分
「うんこ丸太」の歌を聞けなかったカタルーニャ独立派たち

カガ・ティオ(うんこ丸太)。12月初旬から食べ物を与えて毛布を掛けてあげると、クリスマスには毛布の下にお菓子や小さなプレゼントを“排便”してくれる Photograph by Toru Morimoto

<12月の地方選で再び過半数を得たにもかかわらず、独立派リーダーたちは投獄・亡命状態のまま。家族でクリスマスを過ごすこともできなかった。今週、緊迫のカタルーニャ情勢は新たな展開を迎える>

日本で『うんこ漢字ドリル』が大ヒットする何世紀も前から、カタルーニャでは「うんこ丸太」が愛されている。

クリスマスをカタルーニャ伝統料理のアスクデーリィア(ソーセージ、キャベツ、人参、ひよこ豆などで出汁を取り、カタツムリの殻のような形状のパスタを入れたスープ)で祝った後、子供たちは木の棒を持ってカガ・ティオ(うんこ丸太)と呼ばれる丸太に股がり、カタルーニャ語で歌う。

食べ物を先祖にお供えし、残りを子孫が頂くという風習から、いつしか丸太に食べ物を与えて、うんこ(=プレゼント)をもらうという風習に至ったのではと言われている。


うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロ(クリスマス菓子)を
ニシンは出さないでよ、塩辛すぎるからね
トゥロを出して、もっと美味しいから
うんこしてよ、ティオ
アーモンドとトゥロを出して
出したくなかったら棒で一発叩くよ
うんこして、ティオ!

冬至の頃に丸太を木の棒で叩く行為は、自然を冬から目覚めさせるために行われてきた大昔からの習わしに起源を発するという説がある。「うんこ丸太」に掛けられた赤い毛布を除けると、ティオのうんこならぬお菓子やプレゼントが現れ、子供たちの無邪気な歓声が家族団欒を彩る。翌日、スペインでは平日に戻るが、カタルーニャでは翌日も祭日であり、ゆったりとした時が流れる。

私は毎年、カタルーニャでは聖人サン・アステバを祝う祭日にあたる12月26日、カタルーニャ人のパートナーとその家族と共にバルセロナから車で1時間ほどのサン・アステバ・ダ・パラウトゥルデラという村を訪れ、そこに住む彼らの親戚とクリスマス料理を食べることにしている。だが昨年の12月26日、そこには例年と違った風景が広がっていた。

50メートルほど続くメインストリートに立つ並木の全てが、「政治犯」釈放を求める黄色のテープで覆われていたのだ。

レストランで食事中、老夫婦が入って来た。今では誰も正装しなくなったこの伝統的な祭日に、スーツによく磨かれた黒い革靴を履いた夫と、カラフルな洋服に身にまとい、杖をつく婦人が席に付いた。彼らの胸にも黄色いリボンが付けられていた。

都会の若者たちのようにデモに参加して声高に主張することはないが、片田舎で静かにカタルーニャの伝統を守り続ける彼らの確固たる信念を感じた。

昨年10月のカタルーニャ独立宣言後からスペインの刑務所に投獄されているカタルーニャの独立派政治家と市民独立運動グループのリーダーらは、地元で家族とクリスマスを祝うことは許されず、マドリード郊外の荒涼とした地に拘置されたままだ。

morimoto180116-2.jpg

後日、隣村のガソリンスタンドで「正装の老人」シャビエル・クルテス(93)に出会った。胸には黄色のリボンを付けていた Photograph by Toru Morimoto

プッチダモンの「遠隔地就任」を模索するが

さて、今後のカタルーニャ政府はどうなるのか。

12月21日に行われたカタルーニャ地方選挙では、独立派政党の合計議席が再び過半数を超えた。元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモン率いる政党「カタルーニャのための団結(ジュンツ・パル・カタルーニャ)」が独立派で最大の議席を獲得し、プッチダモンが今もカタルーニャの首相だという民意が示されている。

現在ブリュッセルに亡命中のプッチダモンは、カタルーニャに戻って首相に就任する意欲を示しているが、彼がカタルーニャに入った時点で、スペイン警察によって即逮捕されることが確実視されている。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

ビジネス

焦点:米中間選挙、株式オプション市場では「ささいな

ビジネス

S&P下落、金利上昇や貿易への懸念で

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!