コラム

「ADULT K-POP」トロットの魅力を世界に広める男性4人組・K4 個性派ぞろいのグループの魅力に迫る

2024年07月09日(火)12時00分
K4メンバーのキム・ヒョンミン、オ・ジュジュ、リュ・フィリップ、チョ・ジュン

左よりキム・ヒョンミン、オ・ジュジュ、リュ・フィリップ、チョ・ジュン

<日本でもブレイクが期待されるトロットの魅力を伝えるイケメングループK4に単独インタビュー>

韓国の演歌・歌謡とも呼ばれるトロット。近年の盛り上がりについては前回のコラムで紹介した通りだが、日本における同ジャンルの推進役として日々奮闘している男性ボーカルグループ・K4も、今どきのトロットを語るうえで押さえておきたい存在である。

2023年秋に日本進出を果たし、今年春から本格的な活動を展開している彼らは、全員が韓国のオーディション番組「ハロートロット」(2021年11月~2022年2月、MBNで放送)の出身者だ。同番組で優勝したオ・ジュジュを筆頭に、かつてソロ歌手として舞台に立ち、ボーカルトレーナーとしても豊富な経験をもつキム・ヒョンミン、ソウル大学声楽科を卒業したチョ・ジュン、アメリカ出身で以前はアイドルグループの一員だったリュ・フィリップと、メンバーは実力派ばかり。

3月末にリリースした日本デビュー曲『Love Storm -Japanese version-』は、彼らの洗練された魅力を生かしたサウンドが功を奏し、5月8日付のUSEN演歌/歌謡曲リクエストランキングで1位に。そして8月には早くも単独公演を開催。道なき道を歩み、着実に成長していく姿は実に頼もしい。

トロットの普及に努めるK4は今、何を考え、何を目指しているのか。プロモーション活動の合間を縫って所属レコード会社に集まってくれた4人に現在の心境を聞いてみた。

──これまでの日本活動を振り返ってみて何か思うことはありますか?

リュ・フィリップ(以下、フィリップ) すべてが楽しい時間でした。ステージで歌えること。歌手にとってこれ以上の幸せはありません。

オ・ジュジュ(以下、ジュジュ) 日本との出会いは運命だと思いましたね。

キム・ヒョンミン(以下、ヒョンミン) おかげさまで日本の四季をすべて経験できました。季節ごとに良い思い出がたくさんあります。永遠に繰り返す四季のように、私たちK4も永遠でありたいと願うようになりました。

日本のファンは目を合わせて気持ちを伝えてくれる

──韓国の歌手にインタビューすると、「日本のファンは他の国と比べて静かに聴くタイプが多い」というコメントが多いのですが、K4のファンは雰囲気が少し違いますね。みなさんはどのような印象をもっていますか?

ジュジュ 日本で歌い始めた頃は静かに聴く方がほとんどだったのですが、韓国でやっている応援の仕方を動画配信サイトでチェックしてくれたのか、徐々に変わっていったような気がします。今は日本と韓国をミックスした応援になっていて、それがとてもいい感じなんです。

ヒョンミン 韓国の人は一緒に踊って盛り上がる場合が多いのですが、日本のみなさんは目と目を合わせて楽しい気持ちを伝えてくれます。そんな違いを僕たちも楽しんでいます。

──日本にいるときは4人一緒に住んでいると聞きました。異国での生活は大変なことも少なくないと思いますが......。

ヒョンミン 大変じゃないと言えば嘘になりますが、それは単に環境が変わったためだと考えています。夢を叶えるために努力するのは大変ではありません。疲れたときはファンの方々に癒してもらっています。

ジュジュ このメンバーだからこそがんばり続けることができたような気がします。あとファンのみなさんの情熱的な応援も支えになっていますね。

プロフィール

まつもとたくお

音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。2000年に執筆活動を始め、数々の専門誌・ウェブメディアに寄稿。2012年にはK-POP専門レーベル〈バンチョーレコード〉を立ち上げ、イ・ハンチョルやソヒといった実力派を紹介した。現在は『韓流ぴあ』『ジャズ批評』『ハングルッ! ナビ』などで連載。LOVE FMLuckyFM楽天ポッドキャストの番組に出演中。著書は『K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた』(イースト・プレス)ほか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

インドネシア、ゴールデンビザ制度開始 外国人投資家

ワールド

韓国が減税案、株式市場活性化へ相続税引き下げ 少子

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

再送日産、米国不振で今期利益を下方修正 4─6月期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story