コラム

「70年にわたる平和維持の実績」 韓国の武器輸出が、ウクライナ戦争で一気に飛躍

2022年07月30日(土)15時30分
K9自走榴弾砲

米軍との合同演習でのK9自走榴弾砲 Choi Dae-woong-REUTERS

<戦車1000両、自走榴弾砲600門、軽戦闘爆撃機48機──文在寅前大統領の「遺産」でポーランドと同国史上最大1兆6000億円超の兵器契約>

[ロンドン発]欧州の防衛市場への参入を目指す韓国がウクライナ戦争で「販売攻勢」を強めている。ロシアの侵攻で、国内総生産(GDP)の5%を国防費に充てることを目標にするポーランドは韓国から自走榴弾砲と戦車の供給を年内に開始することで合意した。トータルで戦車1000両、自走榴弾砲600門、軽戦闘爆撃機48機にのぼる韓国史上最大の兵器契約になる。

今年5月、韓国を訪問したポーランドのマリウシュ・ブワシュチャク副首相兼国防相は「わが国の東部で戦争がある。ポーランド軍には近代的で実績のある装備が必要だ。そのような装備が韓国で生産されている」と述べた。ブワシュチャク氏は韓国の国防、防衛産業関係者らと会談し、自走榴弾砲の供給強化と歩兵戦闘車分野での協力を求めた。

ロシアの侵攻を受け、ウクライナに兵器を供与した北大西洋条約機構(NATO)加盟国では装備の穴埋めを迫られ、国防をさらに強化するため兵器の調達を急ぐ。しかし既存の米欧防衛産業だけでは供給力に限界がある。そこで注目されたのが、事実上の核保有国・北朝鮮と対峙しながらも平和を維持してきた韓国の防衛産業だ。

7月27日、ブワシュチャク氏は韓国の第3.5世代主力戦車「K2」と、韓国が開発した「K9」 155ミリメートル自走榴弾砲、韓国航空宇宙産業(KAI)が米ロッキード・マーティンから技術支援を受け製造した軽戦闘爆撃機「FA-50」の兵器契約を承認した。「私たちには時間がない。待つことはできない」とブワシュチャク氏は力を込めた。

「70年間、平和を維持してきた韓国製装備は最高品質」

「今回の合意ではK2戦車1000両、K9自走榴弾砲600門、FA-50を 48機を発注する予定だ。ロシアがどのようにウクライナを攻撃したかを研究すると、戦場では装甲車と大砲が非常に重要であることが分かる。韓国は70年間、戦争に備えながら平和を維持してきた実績がある。韓国製の装備は最高品質だと保証されている」とポーランド国防省首脳は太鼓判を押す。

目前に迫ったロシアの脅威に備えるため納入ペースが速く、ポーランドの防衛産業を育成するため韓国からの技術移転が多いのが特徴だ。

「K9自走榴弾砲はポーランド製自走榴弾砲『クラブ』と非常によく似た設計だ。『クラブ』生産のためポーランドの工場はすでにフル回転しており、今回の契約に踏み切った。韓国との協力は戦略的アプローチだ」とブワシュチャク氏は語る。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

賃上げ実現へ労働市場流動化、学び直し支援1兆円=総

ワールド

G7、ロシア産原油・石油製品に3段階で価格上限導入

ビジネス

英首相、福祉手当削減の可能性否定せず 減税の財源確

ワールド

Jアラート、対象でない東京都島しょ部含まれ原因調査

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中