コラム

「70年にわたる平和維持の実績」 韓国の武器輸出が、ウクライナ戦争で一気に飛躍

2022年07月30日(土)15時30分

ウクライナが同国南部で反攻に転じるきっかけを作った米M142高機動ロケット砲システム「ハイマース」(射程約70キロメートル)の威力を目の当たりにしたポーランドはハイマース500門の追加調達をアメリカに打診し、韓国製の多連装ロケットランチャー、K239の調達も検討中だ。トルコ製の無人戦闘航空機バイラクタル TB2、24機も発注している。

K9自走榴弾砲は2026年からポーランドで現地生産される。「今後数年の間に、『クラブ』とK9自走榴弾砲の設計から最良のものを選択し、ポーランド、韓国両国にとって統一された自走榴弾砲になるようにしたい」とブワシュチャク氏は強調した。ポーランドは今後5年間で兵員を2倍以上の30万人に増やす。単純に考えても装備も倍増する必要がある。

ポーランドと韓国の合意の背景

ロシアのウクライナ侵攻で冷戦後の欧州の安全保障は完全に崩れた。核戦争にエスカレートするリスクを最小限にするためには、まず通常戦力でロシアの領土的野心を抑え込まなければならない。ポーランドは米欧防衛産業の生産力と供給力を補完するため、韓国と戦車、大砲、戦闘機、現地生産、技術移転、次世代システムに関する協力関係を築き始めた。

朝鮮戦争を経て米韓相互防衛条約を締結した韓国の兵器には、旧ソ連圏の北大西洋条約機構(NATO)加盟国よりも高い米軍との相互運用性が確立されている。ロシアのウクライナ侵攻後の短期間に、最高品質の兵器をポーランドの軍需産業と広範囲に協力しながら提供できるのは韓国の防衛産業をおいて他に見当たらなかったことが合意の背景にある。

総額で1兆6000億円を超える合意は、ウクライナへの兵器供与で生じた空白を速やかに埋め、ポーランド軍の近代化プロセスを加速させる「第1ステージ」と、兵器をポーランドで製造するとともに、第1ステージで輸入された韓国製の装備もポーランド軍仕様にアップグレードする「第2ステージ」に分かれている。

【第1ステージ】
K2戦車180両(年内に納入開始)
K9自走榴弾砲48門(年内に納入開始。最初からポーランド軍仕様で製造)
12機のFA-50 (23年半ばに納入)

【第2ステージ】
K2戦車820両(ポーランドで製造)
K9自走榴弾砲600門(24年に納入開始。26年ポーランドに生産移管)
36機のFA-50(26年にポーランドにサービスセンターを建設)

武器輸出大国への転換を主導した文前大統領

アジア太平洋の政治・安保専門オンライン誌「ザ・ディプロマット」のイ・ウンウ記者は今年3月、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が残した遺産として「主要兵器の改修、兵士の生活向上、武器輸出大国への転換を主導した」と評価している。文政権下、韓国の国防予算は毎年平均7%ずつ増え、22年には440億ドル(約5兆8400億円)に達した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story