コラム

南ア・ブラジル変異株の上陸を阻止せよ! 英「ホテル検疫」破れば禁錮10年と罰金144万円

2021年02月10日(水)12時10分

英中部ダービーのワクチンセンターを視察したジョンソン首相(2月8 日) Phil Noble-REUTERS

[ロンドン発]英政府のワクチン担当ナディム・ザハウィ氏は「世界中に新型コロナウイルスの変異体(バリアント)は約4千ある」と発言した。今のところ注意を要するのは感染力が最大で70%も強い英変異株と、感染やワクチン接種による免疫を回避する南アフリカ変異株とブラジル変異株だ。

70歳以上への接種はほぼ完了

英政府は70歳以上へのワクチン接種をほぼ終了。現在のワクチンを逃れる南ア変異株やブラジル変異株の上陸を防ぐため、15日から、アフリカ南部、南米、ポルトガルなど渡航禁止33カ国からの入国者に3回の検査と指定したホテルで10日間の自己隔離を強制する水際作戦を実施する。

マット・ハンコック英保健相は、嘘をついて「ホテル検疫」を逃れようとした違反者には最大1万ポンド(144万円)の罰金と禁錮10年を科すと表明した。「ホテル検疫」の滞在費用1750ポンド(約25万3千円)は自己負担となる。殺人事件の服役者の約1割は10年以内に出所する。

それだけ南ア・ブラジル変異株の上陸を恐れているということだ。

日本感染症学会によると、変異とは遺伝子の複製過程で一部読み違えや組み換えが発生し、遺伝情報が一部変わる現象だ。多くの「変異"体"」が生まれては消えていく中で、新しい性質を持った子孫を「変異"株"」と呼ぶ。しかし同じウイルスの複製バリエーションにすぎず、ウイルスの名称は変化しない。

「イギリスは変異体を制御する対策を欠いているため、異なる変異体のるつぼになるかもしれない」と発言した英レスター大学のジュリアン・タン名誉准教授(臨床ウイルス学)にコロナウイルスの変異とワクチンについてお伺いした。

kimura20100210075801.jpg
ジュリアン・タン名誉准教授(本人提供)

――当初、専門家の中にも「複製時のミスを修復する校正機能を有するコロナウイルスは2週間に1度変異するだけで、週に1度のペースで変異するインフルエンザウイルスと比較して変異のスピードは遅い。変異をそれほど恐れる必要はない」という指摘がありました

タン名誉准教授「そうした指摘は誤解を招くので、私は無視します」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story