コラム

ワクチン接種「24時間態勢」で集団免疫獲得に突き進むイギリスの大逆転はなるか【コロナ緊急連載】

2021年01月16日(土)13時25分
ワクチン接種「24時間態勢」で集団免疫獲得に突き進むイギリスの大逆転はなるか【コロナ緊急連載】

臨時のワクチンセンターとなった英リッチフィールド大聖堂で接種を待つ人たち。薬局での接種も始まった(1月15日、バーミンガム) Carl Recine-REUTERS

<コンビニ並み24時間無休の接種を約束し、最悪の場合は議会閉鎖や軍の治安出動まで想定して走るイギリスに、日本は追い抜かれつつある?>

[ロンドン発]「構えー、狙えー、撃てーッ!!」――歩兵銃を構えた複数の兵士が一列に並び、向かってくる敵に対して同時に発砲する。弾薬を込めた後列の兵士と入れ替わって再び敵に同時発射し、これを繰り返す戦法を「一斉射撃」という。

新型コロナウイルスに対するイギリスのワクチン集団予防接種を見ていると、まさにこの戦法が思い浮かぶ。ボリス・ジョンソン英首相は午前8時から午後10時までフル回転している病院や診療所、ワクチンセンターでの接種を日本のコンビニエンスストア並みの土・日曜なしの24時間態勢に拡充すると約束した。

台湾やベトナム、シンガポール、ニュージランドのような「封じ込め」に失敗したイギリスはすでに336万回分へのワクチン接種を行った。2月15日までに70歳以上や介護施設職員、医療従事者、社会福祉士計1500万人への接種を終え、3月末には50歳以上を全員免疫する計画だ。

感染者の重症化と死亡を防ぎ、医療崩壊を食い止めるため1日の接種能力を現在の24万8千回から50万回に倍増する。ドラッグストアチェーン「ブーツ」でも接種が始まり、全国展開するスーパーマーケットチェーン「アスダ」も店内の薬局を接種場所にする用意があると手を挙げた。

イギリスの基本戦略は(1)封じ込めフェーズ=水際作戦や感染者の隔離で感染をシャットアウトする(2)遅延フェーズ=社会的距離政策や都市封鎖で感染拡大のスピードを遅らせ、医療崩壊を防ぐ(3)研究=政府の支援によりワクチンや死亡・重症化を防ぐ治療薬の研究開発を急ピッチで進める──だ。

しかし、それでも感染爆発を抑えられない場合(4)緩和フェーズ=人口の最大80%が感染、病院は手術を中止して緊急トリアージを実施、退職した医師や看護師を動員、議会は閉鎖、軍の治安出動──を想定している。

コロナウイルスが原因とみられるロシアかぜで王位継承が変わる

人口規模が大きく多民族の移民社会を抱えるイギリスは当初から感染者とワクチンで免疫した人で感染拡大を止める防波堤を築く集団免疫戦略を描いていた。感染症数理モデルの世界的権威、インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は英日曜紙サンデー・タイムズにこんな見方を示している。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 週末に採決も

ビジネス

米FRB議長、「辛抱強く」対応と強調 現行政策は「

ワールド

OPECプラス、協調減産1カ月延長 サウジ「終了急

ビジネス

情報BOX:パウエルFRB議長の発言要旨

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 6

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!