コラム

ワクチン接種「24時間態勢」で集団免疫獲得に突き進むイギリスの大逆転はなるか【コロナ緊急連載】

2021年01月16日(土)13時25分

「自然感染やワクチン接種による免疫は少なくとも1年以上続く。ロンドンではすでに第1波と第2波で人口の25~30%が感染したと推定できる」。集団免疫を獲得するためのしきい値は人口の80%以上とみられるため、単純計算してもロンドンの人口の50%以上にワクチンを接種する必要がある。

推定100万人の犠牲者を出した1889~94年のロシアかぜは「ウシコロナウイルスが人に感染した結果」との研究も報告されているが、1892年にビクトリア女王の孫であるアルバート・ヴィクター王子がこのウイルスに感染して亡くなり、王位継承順位が入れ替わっている。

コロナ危機でもチャールズ皇太子、ウィリアム王子が感染する事態に見舞われたが、幸い2人とも回復した。高齢のエリザベス女王やフィリップ殿下にワクチンを接種したのは2人の命を守ることに加え、イギリスはワクチン接種による集団免疫戦略を世界的にリードする狙いもあった。

英オックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが開発・製造したアデノウイルスベクターワクチンは普通の冷蔵庫(摂氏2~8度)でも保管できるため、途上国での接種が可能になる。オックスフォードワクチンで英連邦54カ国24億人をコロナ危機から救うビジョンが浮かび上がってくる。

政府首席科学顧問を創設したウィンストン・チャーチル

イギリスは1066年、ノルマン人の「ウィリアム征服王」に支配されてから千年近く外国勢力の侵略を許していない「千年王国」だ。

しかし第二次世界大戦ではナチスの電撃戦で33万8千人の将兵を撤退させた「ダンケルクの戦い」、旧日本軍に戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを撃沈された「マレー沖海戦」、13万6千人が降伏した「シンガポール陥落」と今回のコロナ危機と同様、緒戦大敗を喫している。

限られた資源を有効活用して、工業力ではとても勝ち目がないドイツを打ち負かすにはどうすれば良いのか――。当時のウィンストン・チャーチル英首相が物理学者フレデリク・リンデマン氏を助言者として招いたのが現在の政府首席科学顧問の始まりである。

コンピューターの源流となる暗号解読機の開発、ドイツ空軍機の襲来を早期に探知するレーダーの開発と、イギリスは科学力で徐々に劣勢を挽回していく。第二次世界大戦の英本土防衛作戦「バトル・オブ・ブリテン」を巡ってはこんなエピソードがある──。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中