コラム

イギリス3度目のロックダウン、変異株の猛威が浮き彫りに

2021年01月05日(火)11時00分
イギリス3度目のロックダウン、変異株の猛威が浮き彫りに

1月4日、3度目のロックダウンを発表するジョンソン首相をテレビで見る女性(英ミルトンケインズ) Andrew Boyers-REUTERS

[ロンドン発]感染力が通常株より最大7割も強い新型コロナウイルスの変異株が猛威をふるうイギリスのボリス・ジョンソン首相は4日夜のテレビ演説で驚異レベルが最も高い「レベル5」を宣言し、イングランド全土で学校閉鎖を含む3度目の都市封鎖(ロックダウン)に入ると告げた。

kimuralevel210105.jpg

イギリスは欧州連合(EU)離脱とコロナ危機で四分五裂状態になっているが、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドも都市封鎖に入った。クリスマスや新年のお祝いで政府のガイダンスに従わず家族や友人とこっそり集まっていた反動が出た可能性もあるが、変異株の猛威が改めて浮き彫りになった格好だ。

kimurakansen210105.jpg

ジョンソン首相は変異株について「私たちの科学者はこの新しい変異株の感染率が(通常株より)50〜70%高いことを確認した。ウイルスに感染する恐れがはるかに強くなった」と指摘。コロナによる入院患者がイングランドだけで先週、3分の1近く増え2万7千人に達し、昨年4月の最悪期に比べ40%も多くなった。

kimurakanja210105.jpg

死者も20%増加した。ジョンソン首相は「行動を起こさなければ3週間以内に国民医療サービス(NHS)がコロナに圧倒される。これからの数週間は最も過酷な状況に置かれる。私たちは本当に戦いの最終段階に入った。科学の奇跡のおかげで出口は見えており、そこに到達する方法を知っている」と呼びかけた。

外出は原則禁止

そして「政府はあなたに家にいるよう再び指示を出す。外出できるのは生活に不可欠な買い物、リモートに絶対に切り替えられない仕事、運動、コロナ検査を受けるなど医療上の要請、家庭内暴力からの脱出など、法律で許可される理由に限られる」と釘を刺した。

都市封鎖のルールは葬儀30人まで、結婚式6人まで。スーパーマーケットや生活に不可欠な店やサービスは開業でき、飲食店は持ち帰り、宅配、ドライブスルーのみ。プロスポーツの試合は無観客で継続される。罰金は200~6400ポンド(2万8千~89万5400円)。

違法パーティーなど30人超の集会に関わった場合、1万ポンド(約140万円)の罰金が科せられる。

ロンドンのNHS病院関係者は筆者にこう打ち明ける。

「コロナ入院患者が増え、昨年春の最悪期の5割増しになった。酸素の需要が120%に達し、救急車の受け入れを停止する非常事態を宣言した。入院患者の年齢も下がり、重症例が増えている。入院から死亡までの期間が短くなった。2週間後にピークが来るとみられており、これから勝負の2週間を迎える」

4日に再開したばかりの小学校や中等学校、大学は5日から全面的にオンライン授業に切り替えられる。支援が必要な児童、警察・消防・医療などエッセンシャルワーカーを親に持つ子供は例外だ。介護施設の職員、医療従事者、ソーシャルワーカー、70歳以上への1回目接種が終わる2月中旬以降の再開を目指す。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米サンズがラスベガスの施設62.5億ドルで売却、ア

ビジネス

債券利回り上昇、ソブリン格付けに影響せず=S&Pグ

ワールド

韓国GDP、第4四半期は前期比+1.2% 速報値か

ビジネス

英財務相、景気支援策の延長発表 法人税は23年に引

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 3

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 6

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 7

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 10

    アリババのジャック・マー、中国長者番付で首位陥落

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 10

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!