コラム

次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

2020年11月26日(木)16時45分

バイデン政権の国務長官に指名されたブリンケン(写真右)はEU重視 Joshua Roberts-REUTERS

[ロンドン発]米大統領選で勝利したジョー・バイデン前副大統領は23日、次期国務長官に選挙で外交政策顧問を務めた腹心のアントニー・ブリンケン元国務副長官(58)を指名すると発表した。バイデン氏は「アメリカは戻ってきた。世界をリードする準備はできている。後退はしない」と宣言した。

発表された外交・国家安全保障チームの6人はブリンケン氏をはじめ経験豊富な現実主義者ぞろい。自由と民主主義、法の支配を掲げて同盟国やパートナーを結集し、公正な土俵の上で中国の専横を封じ込める考えだ。その一方で、新型コロナウイルス・パンデミックや地球温暖化対策で中国との協力を急ぐだろう。

ドナルド・トランプ米大統領と違い、中国との火種になる台湾については「一国二制度」の枠を超えず、「米中冷戦」「デカップリング(分断)」とバラク・オバマ前大統領の「アジア回帰政策」との間に着地点を探るとみられる。台湾だけでなく、日本もオーストラリアもチーム・バイデンがどう出てくるか気が気ではない。

おそらく中東の同盟国イスラエルや欧州の同盟国イギリスもチーム・バイデンの一挙手一投足を注視しているだろう。衝動的で人種差別的な言動でアメリカ国内だけでなく世界中を混乱に陥れたトランプ大統領だが、強力な後押しを得られた台湾、日本、イスラエル、イギリスの政治指導者にとっては有り難い存在だった。

日本の安倍晋三首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、イギリスのボリス・ジョンソン首相はトランプ大統領とは馬が合った。

バイデン氏もオバマ氏と同じように同盟国の頭越しに中国やイラン、欧州連合(EU)と話し出すのではないかと皆、ヤキモキしている。日本は「自由で開かれた」インド太平洋を早くも「安全と繁栄」に言い換えられ、その意図を読みあぐねている。おそらく心中、最も複雑なのはジョンソン首相だろう。

「トランプの肉体と感情を持つクローン」

ジョンソン首相がツイッターにアップしたバイデン氏あての祝電には「トランプ」「二期目」という文字がにじみ出て、トランプ大統領の再選を想定した祝電の予定稿を急遽、バイデン氏用に差し替えたという疑惑が英政治ブログ「ガイ・フォークス」に指摘された。英政府報道官はあわてて「テクニカルエラー」と弁明した。

バイデン氏はジョンソン首相を「トランプの肉体と感情を持つクローン」と呼んだことがあると報じられ、当選後、電話で話したのも欧州の指導者の中ではエマニュエル・マクロン仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相に次いで3人目だった。第二次大戦以来、アメリカと「特別な関係」を維持してきたイギリスだが、EUの後回しにされる気配が濃厚だ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story