コラム

英国は米国と不平等な犯罪人引き渡し条約を結ばされている

2020年02月19日(水)10時40分

「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の父ジョン・シプトン氏(筆者撮影)

[ロンドン発]内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の身柄を米国に引き渡す英政府の命令が妥当か否かを決める審理が2月24日からロンドンのウーリッジ刑事法院で始まるのを前に父親のジョン・シプトン氏が18日、報道陣の前に姿を現した。

シプトン氏の顔かたち、目元はアサンジ被告そっくり。シプトン氏は「ジュリアンに会ったのは先週が最後。15キロも体重が減りました。ジュリアンは房の中を行ったり来たりして、瞑想しているそうです。とても外で新鮮な空気を吸える環境ではありません」と静かに話しだした。

最高で禁固175年の刑

「彼の状態は改善していますが、恐ろしい状況に置かれています。彼は9年間常に、全くデタラメの罪に問われ、絶え間ない拷問を受けています。容疑が次から次へとデッチ上げられます。トランプ陣営の人間がジュリアンを訪れたという真っ赤な嘘を新聞でさえ垂れ流しています」

「ジュリアンが米国に引き渡される姿を想像したくもありません。引き渡し命令は即座に取り下げられるべきです。私は英国に自宅を構えています。家族もこの国にいます。彼のおじもおいもいとこも英国人。軟禁でも保釈でもいい。彼の帰るところはこの国しかありません」

kimura20200219090402.jpg

ジョン・シプトン氏(筆者撮影)


「この地球上で大統領以上に監視されている人間はジュリアンです。しかし彼は私たちに与えられた素晴らしい贈り物です。現代の世界をどう理解するか、政府が何をして何をしていないかという情報に基づいてどう決定するかを知らせてくれました」

「私たちは彼のおかげで政府によって行われている大量殺人と犯罪、夥しい流血を知ることができたのです。だから英政府には引き渡しを止めて、彼を人間に戻してやってほしい。スイスのジュネーブ州は彼に人道的なビザ(査証)を出すと言っています」

「これは出版の自由を脅かすグローバルな問題です。トランプ政権ではジュリアンの身柄引き渡しのため10万人が毎日働いています。100人の弁護士が関わっています。そのコストは1000万ドル(約10億9850万円)と言われています。これは市民に対する弾圧です」

アサンジ被告は米司法省からスパイ活動法違反など18の罪で起訴されている。米外交公電や駐イラク・アフガニスタン米軍の機密文書を持ち出した元米陸軍上等兵にパスワードの破り方を教えたとされ、すべて有罪になれば最高175年の刑が言い渡される恐れがある。

争点は2つある。英国では終身刑を宣告されても平均14~15年で出所できる。175年の刑期を「事実上の死刑(英国では廃止)」とみなして裁判所が身柄の引き渡しを退けるのか。アサンジ被告を公共の利益のために秘密を暴露したジャーナリストと見るか、国家の敵とみなすかだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

ワールド

欧州の防衛自律性、NATOとの共存可能=仏大統領

ワールド

カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延長

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中