コラム

英国は米国と不平等な犯罪人引き渡し条約を結ばされている

2020年02月19日(水)10時40分

「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の父ジョン・シプトン氏(筆者撮影)

[ロンドン発]内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の身柄を米国に引き渡す英政府の命令が妥当か否かを決める審理が2月24日からロンドンのウーリッジ刑事法院で始まるのを前に父親のジョン・シプトン氏が18日、報道陣の前に姿を現した。

シプトン氏の顔かたち、目元はアサンジ被告そっくり。シプトン氏は「ジュリアンに会ったのは先週が最後。15キロも体重が減りました。ジュリアンは房の中を行ったり来たりして、瞑想しているそうです。とても外で新鮮な空気を吸える環境ではありません」と静かに話しだした。

最高で禁固175年の刑

「彼の状態は改善していますが、恐ろしい状況に置かれています。彼は9年間常に、全くデタラメの罪に問われ、絶え間ない拷問を受けています。容疑が次から次へとデッチ上げられます。トランプ陣営の人間がジュリアンを訪れたという真っ赤な嘘を新聞でさえ垂れ流しています」

「ジュリアンが米国に引き渡される姿を想像したくもありません。引き渡し命令は即座に取り下げられるべきです。私は英国に自宅を構えています。家族もこの国にいます。彼のおじもおいもいとこも英国人。軟禁でも保釈でもいい。彼の帰るところはこの国しかありません」

kimura20200219090402.jpg

ジョン・シプトン氏(筆者撮影)


「この地球上で大統領以上に監視されている人間はジュリアンです。しかし彼は私たちに与えられた素晴らしい贈り物です。現代の世界をどう理解するか、政府が何をして何をしていないかという情報に基づいてどう決定するかを知らせてくれました」

「私たちは彼のおかげで政府によって行われている大量殺人と犯罪、夥しい流血を知ることができたのです。だから英政府には引き渡しを止めて、彼を人間に戻してやってほしい。スイスのジュネーブ州は彼に人道的なビザ(査証)を出すと言っています」

「これは出版の自由を脅かすグローバルな問題です。トランプ政権ではジュリアンの身柄引き渡しのため10万人が毎日働いています。100人の弁護士が関わっています。そのコストは1000万ドル(約10億9850万円)と言われています。これは市民に対する弾圧です」

アサンジ被告は米司法省からスパイ活動法違反など18の罪で起訴されている。米外交公電や駐イラク・アフガニスタン米軍の機密文書を持ち出した元米陸軍上等兵にパスワードの破り方を教えたとされ、すべて有罪になれば最高175年の刑が言い渡される恐れがある。

争点は2つある。英国では終身刑を宣告されても平均14~15年で出所できる。175年の刑期を「事実上の死刑(英国では廃止)」とみなして裁判所が身柄の引き渡しを退けるのか。アサンジ被告を公共の利益のために秘密を暴露したジャーナリストと見るか、国家の敵とみなすかだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story