コラム

燃えるアマゾン、融けるグリーンランド 2人のデタラメ大統領が地球を破壊する

2019年08月27日(火)15時30分
燃えるアマゾン、融けるグリーンランド 2人のデタラメ大統領が地球を破壊する

地球を破壊する2人の「トランプ」(左はブラジルのボルソナロ大統領) Carlos Barria-REUTERS

[ロンドン発]わが道を行くドナルド・トランプ米大統領に「合意なき離脱」に突き進むボリス・ジョンソン英首相が加わった先進7カ国(G7)首脳会議(ビアリッツ・サミット)。ホスト役を務めたエマニュエル・マクロン仏大統領がフラストレーションを爆発させた。

トランプ氏やジョンソン氏にではなく、「地球の肺」であるアマゾン熱帯雨林の火災を放置するブラジルのジャイル・メシアス・ボルソナロ大統領に対してだ。

マクロン氏は記者会見で「ボルソナロ氏は私の妻に対して非常に無礼なことを言った。何と言ったら良いのだろう。悲しい。まず彼に対して、そしてブラジル国民に対して。ブラジルの人たちに敬意と尊敬の念を抱いている。ブラジル国民が正しい仕事をする大統領を持つことを期待している」と批判した。

G7はアマゾンの火災を抑えるため2000万ドル(約21億2200万円)の資金提供を行うことで一致した。しかしボルソナロ氏はツイッターで「マクロン氏がアマゾンに不当な攻撃を仕掛けることは許容できない。G7の有志というアイデアの後ろにはブラジルが植民地か、誰も住まない土地であるかのように扱おうとする彼の意図が隠されている」と不満をぶちまけた。

<参考記事>ブラジルのトランプがアマゾンを燃やす暴君に
<参考記事>「ブラジルのトランプ」極右候補が大統領に選ばれた理由

そろいもそろったり

それだけでは収まらなかった。ボルソナロ氏のフェイスブックのコメント欄に、支持者がマクロン夫妻とボルソナロ夫妻の写真を並べて投稿、2人のファーストレディを比べて「なぜマクロンがボルソナロを追及するのか分かる」とコメント。ボルソナロ氏は「彼に恥をかかせるな、ハハハ」と書き込んだ。

左派系の仏紙リベラシオンは「トランプ、ボルソナロとコメディアンたち」と題した記事を掲載。ボルソナロ氏を「グリーンランドを買いたい」と言い出したトランプ大統領と並べて、「超フェイクニュース、デタラメな政策を推進する政治指導者」と酷評した。

トランプ氏はツイッターにグリーンランドにトランプタワーを貼り付けたフェイク画像を投稿し「こんなことはしないと約束する」とジョークを飛ばした。デンマークのメッテ・フレデリクセン首相が買収提案を「馬鹿げている」と一蹴すると、「意地が悪い」とやり返し、予定されていたデンマーク公式訪問をキャンセルした。

グリーンランドは地球温暖化で厚さが最大で4キロもある氷床が急速に解け、天然資源開発に熱い視線が注がれている。中国もウラン開発に乗り出し、空港建設に参画しようとしたことから、グリーンランドにミサイル防衛のレーダー基地を持つ米国が安全保障上の懸念を強めていたことが買収話の背景にある。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

金融緩和や財政政策などの政策ミックスが景気刺激に有

ビジネス

EXCLUSIVE-緩和必要なら短中期金利を「確実

ワールド

英国がEUに離脱延期申請、延期望まずとのジョンソン

ワールド

アングル:屋台もキャッシュレス、東南アで過熱 モバ

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

  • 4

    「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

  • 10

    がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!