コラム

スペインに旋風を巻き起こす極右政党VOXは、「ネオナチ」というより「普通の市民」の顔をしている

2019年04月25日(木)12時39分
スペインに旋風を巻き起こす極右政党VOXは、「ネオナチ」というより「普通の市民」の顔をしている

定員4000人の会場を埋め尽くした極右政党VOXの支持者(筆者撮影)

[スペイン南部セビリア発]「スペインを再び偉大な国に。スペインに栄光あれ」という掛け声とともに、4月28日投開票のスペイン総選挙で極右ポピュリスト政党VOX(ボックス)が旋風を巻き起こしている。

直近の世論調査で支持率は12%を超え、38議席を獲得する見通し。独裁者フランシスコ・フランコの死から44年、極右政党がスペインの国政選挙で複数議席を獲得すれば初の事態となる。

スペイン南部アンダルシア州で昨年12月行われた州議会選でVOXは12議席を獲得した。そのアンダルシアの州都セビリアで24日、VOXの選挙集会が開かれた。

雨の中、家族連れ、若者、女性の支持者は開始2時間前から長い列を作った。定員4000人はすぐ埋まり、入りきれない支持者が雨に濡れながら会場の外でサンティアゴ・アバスカル党首(43)の到着を待つ。

淡い格子模様のカッターシャツを腕まくりしたアバスカル党首が到着すると、割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こった。スペイン国旗と党旗が打ち振られ、アバスカル党首がたくましい腕を挙げて応える。

闘牛の存続にこだわる

女性が絶叫した。スマートフォンのフラッシュが光る。VOXにはメディアによって「極右」のレッテルがはられるが、アバスカル党首は有権者の要望を実現しようとしているだけだと反論する。

VOX人気が急騰した理由は2つある。2017年に住民投票で独立を選択したカタルーニャ州の問題と、北アフリカから流れ込む難民と不法移民だ。難民は昨年、ギリシャやイタリアより多い5万8569人が流入した。

アバスカル党首が壇上で吠えまくった。「カタルーニャ独立問題によってスペインは辱められている」「中道右派の国民党も中道のシウダダノスもアンダルシアから5万2000人の不法移民を追放するという公約を守っていない」

MAS_9367 (720x480).jpg
VOXのサンティアゴ・アバスカル党首(筆者撮影)

スペインの国政は欧州債務危機とカタルーニャ独立問題で断片化が進む。左派は社会労働党と新興のポデモス、右派は国民党と新興のシウダダノス、VOXに分裂した。

13年末に結成されたVOXは、日本の保守派が「捕鯨」にこだわるように、「闘牛」などのスペインの伝統と文化、価値を強調し、フェミニズムや同性婚、多文化主義に異議を唱える。

反イスラムで、「政府は国民の敵だ」と腐敗や官僚政治を攻撃して既存政党への批判票を集めている。

フランコ時代、内戦で敵対した多くのスペイン人が弾圧を怖れて国外に逃れた暗い経験を持つ。このため、スペインでは極右は絶対によみがえらないと言われてきた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!