コラム

カタルーニャ独立問題、神出鬼没プチデモンのゲリラ戦に翻弄されるスペイン首相

2017年10月31日(火)16時00分
カタルーニャ独立問題、神出鬼没プチデモンのゲリラ戦に翻弄されるスペイン首相

10月27日、独立宣言を祝福する独立派の住民(筆者撮影)

[バルセロナ発]スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題は、カルラス・プチデモン前州首相率いる分離・独立派が自治権剥奪と国家反逆罪(最高刑期30年)による訴追で完全にコーナーに追い込まれたかに見えた。しかし、プチデモンは姿をくらまして欧州連合(EU)本部のあるブリュッセルに高飛びしていた。12月に行われる州議会選の公平性を求めて外交戦を展開するとみられている。

昨年7月から3回バルセロナに入り、独立問題を取材してきた筆者は10月30日午前7時から州政府庁舎前に張り付いた。州政府に登庁したプチデモンや閣僚が片っ端から国家反逆罪で拘束されるという情報が流れていたからだ。世界中のメディアも州政府前から中継している。地元ジャーナリストが「午前8時ごろから職員が登庁し始める」とささやいた。

kimura20171031103202.jpg
半自動小銃を持って州政府庁舎に乗り付けた州警察(30日、筆者撮影)

何も変わっていない

午前8時半、カタルーニャ州警察のバン4台が次々と州政府庁舎に横付けした。中から半自動小銃で軽武装した警察官が下りてきた。いくら国家反逆罪という重罪とはいえ、相手は文民である。「やり過ぎだ。これではテロリスト扱いと変わらない」と思った。

しばらくして別の記者が「プチデモンが写真投稿サイト、インスタグラムに州政府庁舎の中庭から見上げた空の写真を投稿している」と画像を見せてくれた。しかし待てど暮らせど、現場は動かない。地元TV局の女性キャスターに尋ねると「プチデモンはこの庁舎にはいないわ。所属政党のカタルーニャ欧州民主党(PDeCAT)の会合に出ているそうよ」と言う。

確かなことは何一つ分からない。バルセロナに入ってから、こんな状況がずっと続いている。27日に州議会が独立宣言を承認、独立派住民は「スペイン国旗を下ろせ」と連呼したにもかかわらず、州政府庁舎の屋上ではずっとスペイン国旗とカタルーニュ州旗が風になびいている。

kimura20171031103203.jpg
州政府庁舎の屋上でなびくスペイン国旗とカタルーニャ州旗(筆者撮影)

独立宣言の公式文書は作成されていないという話さえある。10月1日の独立住民投票で投票を阻止しようとしたスペイン国家警察の治安部隊が住民約900人を負傷させる様子が大々的に報道され、世界中の目はカタルーニャ独立問題に釘付けになった。住民投票後ずっと、独立したのか、しないのか、プチデモンは一切、明言しなかった。「あいまい戦略」で、スペイン中央政府のラホイ首相はとうとう独立派の土俵におびき寄せられてしまった。

プチデモンはビデオメッセージで中央政府の自治権剥奪に対して「民主的な抵抗」を呼びかけた。独立派のカタルーニャ国民会議(ANC)、PDeCAT、政府機関の知人に「民主的な抵抗って何?」と問い合わせたところ、全員が「それを知っているのはプチデモンだけ」と首を傾げた。

国内にスコットランド独立問題を抱える英BBC放送はカタルーニャ独立派に冷たく、「プチデモンは独立強硬派に突き上げられている」と解説し続けてきた。しかしプチデモンの「あいまい戦略」は苦し紛れではなく、かなり前から用意周到に準備されてきたのではないだろうか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング第1四半期は57%増益、商用機好調 通

ビジネス

オープン外債1000億円増、コスト高と政治懸念で非

ワールド

焦点:米朝首脳会談、トランプ氏と金正恩氏は何を話し

ビジネス

ヘッジ外債は通貨分散、円高局面でオープンも=18年

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 4

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 5

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 6

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 7

    【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

  • 8

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    アマゾン「本日中にお届け」を支える配達下請け デリ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!