コラム

日本よ、縮小を恐れるな──現実を直視して「豊かな小国」になろう

2020年06月03日(水)12時05分
日本よ、縮小を恐れるな──現実を直視して「豊かな小国」になろう

生産性の向上やIT化の促進など日本が乗り越えるべき課題は多い METAMORWORKS/ISTOCK

<新型コロナの混乱の中で次々に露わとなった日本の課題。こうした歪みを正すには抜本的な経済モデルの見直しが必要だ>

コロナ危機では、残念ながら日本社会の脆弱性が一気に露呈した。マスクやアルコールなど基本的な資材が不足し、政府の経済対策は規模が小さく十分な効果が出ていない。

各種の支援金や給付金を迅速に支払うことができず、オンライン申請ができなかったり、対応できてもトラブルが頻発するなど、IT基盤が未成熟であることも明らかとなった。なぜ日本の社会インフラはうまく機能しないのだろうか。

それぞれ原因はあるが、全体として言えるのは、日本に経済的余力がなくなっており、平時において不要不急な支出や投資が、全て後回しになっていることが影響している。

例えばマスクは、通常は花粉症対策として購入されるケースがほとんどで、価格が安い製品なので、多くが中国から調達される。これを全て国内産にすることには経済的合理性がない。

だがマスクは緊急時に戦略物資となるものであり、非常時に確保できる体制を整えるには、公的機関がコストをかけて備蓄するか、日本メーカーが一定の生産量を維持するしかない。前者の場合には財政的な余力が、後者の場合には、高付加価値な医療用マスク(および原料)市場にシフトし、高いシェアを獲得することが求められるが、どちらも対応できていなかった(事実、ドイツは同輸出市場で高いシェアを誇っている)。

現金給付に時間がかかるのも根は同じ

またアルコールについては日本以外にも原料のエタノールを輸入に頼る国は多いが、日本はブラジルという特定国への依存度が突出して高い。しかも、国内に大型のケミカルタンカーが接岸できる港が少ないため、積み替えを行う韓国にも依存している。

以前も本コラムで指摘したが、給付金や支援金を迅速に支払えなかったのは、税制や労働行政に不備があり、経済活動優先でコストのかかる面倒な改革をおざなりにした結果だ。日本はIT投資に消極的で、技術的に劣位になっているとの指摘は以前からある。緊急時にシステムがうまく作動しないのは、ITを軽視し、投資を怠ってきたツケであることは言うまでもない。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!