コラム

トランプ「対中カード」外交で捨て駒にされる台湾

2019年02月05日(火)17時30分
トランプ「対中カード」外交で捨て駒にされる台湾

日本は中台対立をなだめる方向で動くべき Pichi Chuang-REUTERS

<再統一を迫る中国と武器供与で対抗するアメリカ――住民が米中対立の犠牲にならないために日本ができること>

台湾というと、日本もアメリカも「対中カード」の1つぐらいに考えがちだ。だが、ここには約2400万人が住み、GDPも約6000億ドルと、スウェーデンを上回る経済規模だ。

スマホの半導体チップの大半を握る米半導体大手クアルコムの生産を請け負うのは台湾の大企業、台湾積体電路製造。16年に日本のシャープを買収したのは鴻海精密工業だ。OEM(相手先ブランド名による生産)から出発したエイサーは世界的なパソコンメーカーとなった。

92年、中国が外資を優遇する政策を打ち出すと、台湾と香港の企業がなだれ込んだ。今では台湾企業は対岸の中国・福建省を皮切りに深圳、重慶、成都などに工場を展開。鴻海は子会社の富士康(フォックスコン)の名で、中国各地の工場で数十万人もの労働者を雇い、米アップルの製品を組み立てている。

台湾はグローバルなモノづくりチェーンのハブであり、しかも選挙で政権が交代する自由民主主義社会だ。台湾が国家かどうかの議論を尻目に、住民は台湾人というアイデンティティーと、高度に整備された行政機構を持っている。

外省人も「台湾人」意識

この台湾を使って、トランプ米大統領は中国とのけんかをしようとしている。アメリカは79年、中国と外交関係を樹立したときに、中国の要求で「一つの中国」原則を認め、台湾と断交した。日本も72年に同じことをしたが、米議会はほぼ同時に台湾関係法を制定。台湾有事における防衛を約束した。それでもアメリカは中国を刺激するのを恐れて、政府同士の直接交流や兵器売却を極力抑えてきた。

トランプはそのタブーを平気で破る。大統領就任の直前、16年12月に蔡英文(ツァイ・インウェン)総統からの電話をあえて受け、緊密な関係を維持することを確認した。中国との関係で、台湾をカードとして使う姿勢を明確にしたのだ。

これまで親中派に抑えられてきたアメリカの親台湾勢力は勢いづき、政府高官の交流制限撤廃、米海軍艦艇の台湾寄港再開、潜水艦建造への支援・参入と次々にタブーを破壊していく。昨年6月、アメリカ代表部である米国在台協会が台北で新庁舎の落成式を行った。これは在北京の米大使館と同じ規模に造られている。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は21年の中国共産党結党100周年までに台湾を再統一するというもくろみがあるとみられている。そこにけんか外交を身上とするトランプが割り込んできて、事態はエスカレートしている。

昨年7月には米海軍駆逐艦が2隻、11年ぶりに台湾海峡を通航し、9月には台湾へのF6戦闘機などの部品供与を決めた。これに対して習は今年1月2日、台湾問題で演説。平和的統一への構えを示しつつも、武力使用の選択肢は捨てないと述べた。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!