コラム

イギリスの香港市民受け入れはブレグジット効果

2020年07月18日(土)14時10分
イギリスの香港市民受け入れはブレグジット効果

中国の弾圧に抗議する香港デモでイギリスのパスポートを掲げる参加者 Tyrone Siu-REUTERS

<コロナ禍でEU離脱後のイギリスの姿が見えにくくなっているものの、自国の裁量での移民受け入れや犯罪組織摘発などブレグジットの「成果」が現れてきた>

コロナ禍における副作用の1つは、ブレグジット(イギリスのEU離脱)後のイギリスの姿を見極めるのが難しくなっていることだ。新型コロナウイルスはつまり、英政府が平時ならやろうともしないことに取り組んでいることを意味するし(大金をばらまいたり)、平時なら実行しているだろうことをやらないことを意味する。政府はコロナに集中せざるを得ないからだ。

でも、ロックダウン(都市封鎖)とも現在のコロナ危機とも無関係で、興味深い出来事もいくつか起きている。

まず、イギリスは300万人に上る香港市民に英国の市民権を与える道を提案している。EU残留支持者たち、そして世界中の多くのメディアが、ブレグジットを単に外国人嫌いの表れであり、反移民の動きだと吐き捨てていたことを考えると、この方針は意義深い。だが僕がこれまでも主張していたように、ブレグジットは本来、移民問題というより国家として自主的に移民流入のコントロールができないことを問題にしていたのだ。

EUの規制は、イギリスがEU加盟国のあらゆる市民がイギリスに来て働けるよう受け入れ、さらに彼らが連れて来る家族まで認めるよう強制した。これはただでさえ人口過密な国にとっては間違いなく深刻な問題だった。イギリスのインフラに過重な負担をかける。それに、EU加盟国からの移民流入を制限できないのだから、EU圏外からの移民をイギリスが受け入れにくくなることも意味していた。

香港の住民に市民権を与える方針は、中国の独裁政権が香港市民の自由を奪う法律を制定する状況下で、かつての英植民地の人々に対する義務感から発生したものだ。その一方でイギリスは、EU域内の移民がポイント制でイギリスに移動できる仕組み、ただしイギリスにとって必要な人材など基準のポイントを満たした場合に限る、という制度を導入した。刑期1年以上の前科がある者は入国を許されないだろう(EUのルール下では、たとえ数々の前歴を抱える者であっても移動の自由を無効にすることはできなかった)。自国で移民をコントロールできる裁量の自由があるからこそ、イギリスは香港市民に対し、寛大で適切な移民対策が取れるだろう。

犯罪者や組織の資産を凍結

2番目に、イギリスは7月初めに「マグニツキー法」(ロシアの不正を告発中にロシア当局に拘束され獄死した弁護士セルゲイ・マグニツキーの事件に関連して、重大事件に関与した人物や組織に対してビザ停止や資産凍結などの制裁を科す法律)を独自に採用した。EUがこの法について、対象や時期などで合意に達するのを待たずに、だ。イギリスはこれまで、ならず者政権と関わりを持つ個人や企業をブラックリストに加えてきたし、彼らが外国で不正資金をロンダリングするのを防止し、彼らが母国の市民を搾取して利益を得るのを阻止してきた。

マグニツキー法が採用されたことで、まずは、サウジのジャーナリストのジャマル・カショギ殺害に関与した者やマグニツキーの獄中死に関わった者を含む、ロシアや北朝鮮、ミャンマーやサウジアラビアなど出身の49の個人や組織が対象になった。

<関連記事:イギリス版「人種差別抗議デモ」への疑問

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

ベトナムでコロナ感染再拡大、中部ダナンの4工場で感

ビジネス

在宅勤務拡大による不動産への影響注視=西村再生相

ビジネス

GoToやマスク支出は無駄、他の使途が有効=原田・

ビジネス

英HSBC、上期は税引き前利益が65%減少 引当金

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!