コラム

イギリスでもじわり漂う大麻容認の空気

2018年09月05日(水)18時00分
イギリスでもじわり漂う大麻容認の空気

イギリスでも大麻容認の議論は広がっている Toby Melville-REUTERS

<もちろん違法なのに、イギリスで大麻はあまりに一般化しすぎてもはや少量の所持では逮捕もされない。いっそ合法化したほうが利点があると、政治的動きも活発化するが......>

先日ロンドンの公園を歩いていたとき、友人が突然いたずらっぽく言った。「ああ、夏の匂いがする」
 
おかしいのは、僕のところにその匂いが漂ってくる前から、友人の言いたいのはつまり、近くで誰かが大麻を吸っているという意味だとピンときたこと。イギリスでは大勢の若者(あるいはほどほどの年の人々)が大麻を吸っており、夏ともなれば公園や公共の場で大っぴらにふかしている。

その匂いはとても独特で、一度知ったらいつどこでだって気が付くだろう。僕の住む家の通りにも、大麻の匂いがふわりとただよっている。すぐそこの小さなアパートで、若者が集まって窓を大きく開け、大量の大麻を吸っているからだ。

もちろん大麻は違法だが、警察は少量の大麻所持くらいで逮捕はしない。大麻はあまりに広まっているから、警察が「嗜好目的で使用」の容疑者を片っ端から逮捕して回ったら、ほかの仕事が一切できなくなるだろう。

ただでさえイギリス警察は人手不足だから、空き巣事件などは事実上、捜査をあきらめている。警察は麻薬密輸業者や密売人を逮捕することにこそ力を入れているものの、若者が大麻を吸うことには目をつぶっている。

こうした公共の場での薬物使用のように、公然と法律を無視する行為に、激しい怒りの声をあげる人々もいる。法があるのにそれを施行しない(実際のところ、法の無視を黙認している)ことは、法の尊重をないがしろにする効果がある、という意見には僕も賛同する。

僕は、大麻使用の有害な影響も見てきた。軽度の例としては、大学時代に日常的に大麻を吸っていた友人たちが、次第に成績を悪化させていったこと(1人はあまりに落ちこぼれて1年間の停学処分になった)。悲惨な結末としては、精神的な問題を抱えていたある若者が、大麻で極度に症状を悪化させてしまった例を僕は知っている。彼は以前からあるトラウマにさいなまれていたが、大麻で「自己治療」しようとして取り返しのつかないほど悪化してしまった。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、非公開後に一部を全農・農

ワールド

ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首

ビジネス

香港の商業施設、空室率上昇へ 海外ブランドが事業縮

ビジネス

イオン、21年2月期減益予想据え置き 回復基調も先

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!