コラム

オリンピックの巨額予算に僕が怒る訳

2013年09月26日(木)16時46分

 非常に大きな数字を把握するのが苦手なのは、僕だけではないと思う。7億ポンドの無駄使いよりも20億ポンドの無駄使いに対して怒りを感じるべきだというのは、理論上は分かる。でも実際は、僕にとってはどちらの数字も同じくらい理解しがたい。だから無駄になった例として耳にすれば、両方とも同じくらいに怒りを覚える。

 僕が日本にいた頃は、特によく分からなかった。1ドルは現在約100円、1ポンドは約160円と、円は通貨の基本単位としては非常に小さい。だから金額について当惑することはしょっちゅうあった。「30兆」円の予算について記事を書いても、その数字が何を意味するかまったく理解できない。

 東京で僕がしばらくコーヒーテーブルに置いていた本の一つが、村上龍の『あの金で何が買えたか』だった。そこには、一つの銀行を救済するために注入された公的資金でニューヨーク・ヤンキースを何回買収できたか、といったことが示されていた。大きな数字を理解するのが苦手な、僕みたいな人向けに書かれた本だったと思う。

 最近、2012年ロンドン・オリンピックの開催費用が最終的に約90億ポンドになったことが発表された。すごい金額に思えるが、実感しにくい数字でもある。多くの人がよく分からないまま、「たぶんその位はかかるものなんだ」と考えたに違いない。

 おかしな話だが、予算より5億2800万ポンド少ない費用で大会を実行できたとイギリス政府が主張したとき、すごいと感心した人たちもいたと思う。確かに節約した金額としては大きく思えるし、数字としてもわりと分かりやすい。僕たちの多くは、もし100万ポンド持っていたらどんな感じかとよく想像するからだ。100万ポンドの9000倍は想像できなくても、500倍なら想像しやすい。

 僕がその巨額な開催費用について腹立たしく思うのは、五輪開催が決まった2年後の07年には予算が3倍になったからだ。それでもまだオリンピックをやりたいか、と僕たちが聞かれることはなかった(まあ、最初からそんなことは聞かれなかったが)。僕はだまされた気がした。招致レース時の24億ポンドという予算で僕たちは納得させられたのに、それが33億ポンドになり、07年には93億ポンドと発表された。

 ただ正直言って、僕は今でも五輪に使われた大金でほかに何ができたか、という「機会費用」を思い描くことができない。それよりも、その数字が象徴する陰謀とまやかしに怒りを感じる。

■なぜ練習場はなくなってしまったのか?

 もちろんオリンピックには利点もある。組織委員会は、オリンピックの「遺産」についてしょっちゅう喧伝していた。確かに、ロンドン東部にはきれいな新しい公園ができた(巨大ショッピングセンターもできた。これはスポーツ関連の遺産には思えないが)。

 でも先日電車でオリンピック公園を通り過ぎたら、以前は何度も目にした練習場がなくなっていたのには驚いた。選手のために造られ、スタジアムでの試合や大会前に練習やウォーミングアップができた場所だ。隣にあるオリンピック・スタジアムよりはずっと小さかったが、正式な400メートル・トラックとそれなりの数の座席もあった。

 オリンピック後は地元の陸上クラブや学校が練習に使ったり、競技会の決勝戦が行われたりするのだろうと僕はなんとなく思っていた。オリンピック・スタジアムは重要な大会に使われると分かっていたが、練習場のほうは簡単に借りられると考えて嬉しかった。僕が学生の頃、正式なトラックで競技会ができるとすごくうれしかったのを覚えている。たいていの学校には、芝や石炭殻のトラックしかなかったからだ。

 なのに、昨年使われた練習場はなくなってしまった。数百人のオリンピック選手が数週間使うためだけに建てられ、壊されたのだ(公式用語を使えば、「再開発された」だろう)。練習場の建設費用など、予算全体の中ではほんのわずかにすぎない。でも、だからこそ無駄遣いのなんたるかがよく分かる。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story