コラム

日本もひとごとではないイスラム教徒の土葬問題

2020年12月24日(木)10時45分
日本もひとごとではないイスラム教徒の土葬問題

マスクを着用したスリランカのイスラム教徒(コロンボ) DINUKA LIYANAWATTE-REUTERS

<スリランカの人口の約1割は土葬を原則とするイスラム教徒だが、政府はコロナ死者に火葬を義務付けた。WHOはどちらでも構わないとしており、パンデミックに乗じた疎外行為の疑いが>

コロナ感染によって死亡したイスラム教徒19人の遺体を火葬する──。12月、スリランカ政府はこう発表し、イスラム教徒が強く抗議した。

スリランカでイスラム教徒は人口の約10%を占める少数派だ。多数派は仏教徒で火葬も一般化している。一方イスラム教では、啓典コーランに埋葬法についての直接的言及はないものの、土葬が原則とされ火葬は基本的に禁じられている。

イスラム教徒は「現世」はいつか必ず終末を迎え、死者は生前の姿で「復活」して「最後の審判」を受け天国か地獄に行くと信じている。

コーラン第17章70節には「われ(神)はアダムの子孫たち(人間)を尊んだ」とある。預言者ムハンマドは「死者の骨を折ることは生前にそうすることと同様である」と言ったと伝えられる。故にイスラム教徒は死者を生前同様に尊び、そのままの姿で洗い清め、布に包んで土葬すべきだと考える。死者の爪や髪を切ることすら禁じられるのはそれ故だ。

彼らは火葬すると復活すべき肉体が失われると恐れる。アラビア語では火をナールと言い、それは地獄の別称でもある。コーランでも地獄は火の燃え盛る場所として描かれる。彼らが火葬に対して強い拒否反応を示すのは、火葬が地獄の業火を想起させ、死者を汚す行為と信じられているからでもある。

2020年4月、スリランカ政府はコロナ感染による死者には火葬を義務付けると決定した。政府は土葬によって地下水が汚染され感染拡大が進む可能性を理由として挙げたが、この決定には仏教徒であるラジャパクサ大統領を支持する有力僧侶が関与した、とも言われる。

WHO(世界保健機関)はコロナ感染者の遺体について、土葬でも火葬でも構わないとしている。スリランカでイスラム教徒は土葬を求める複数の嘆願書を提出したものの、裁判所が全て却下した。

国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルは火葬義務化が不正であり、政府はパンデミック(感染症の世界的大流行)を利用しイスラム教徒を疎外しようとしていると批判した。アルジャジーラは2019年4月のスリランカ同時多発テロ事件以来、同国でイスラム教徒への敵意が高まっていると指摘。火葬義務化も反イスラムヒステリーの一環だと示唆する。

しかしこの決定は必ずしもイスラム教徒だけに埋葬法の変更を強いるものではない。キリスト教徒も土葬を求める嘆願書を出したが却下された。スリランカ政府はイスラム教徒の遺族に遺体を引き取るよう要請したものの遺族はこれを拒否し、政府は既に5人を火葬したと伝えられる。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!