コラム

イラン人には「信仰がない」が、ダンスという文化はある

2018年08月28日(火)17時30分
イラン人には「信仰がない」が、ダンスという文化はある

インスタグラムには連帯を示す#DancingIsNotACrimeが溢れた

<18歳のイラン人女性がダンスをして逮捕され、「ダンスは犯罪ではない」と連帯を示す人々が現れた。そんななか思い出したのは、その昔、日本人のイラン近代史専門家から聞いたコトバだった>

通貨リヤールの暴落やら、経済の不振やらで、それにトランプ米大統領の対イラン制裁再開もあって、イランではあちこちで暴動が起きているようだ。イスラーム共和国成立以来、40年近くたち、国内あちこちで制度疲労的な不満が溜まっているのだろうか。

こうした最近のイラン情勢をみながら、その昔、日本人のイラン近代史専門家から聞いたコトバを思い出した。といってもその人も別の日本人研究者から聞いたので、又聞きになる。いわく「トルコ人には文化がない、アラブ人には秩序がない、そしてイラン人には信仰がない」と。

この語が発せられたのが、1979年のイラン・イスラーム革命でイラン人のあいだに宗教心が高揚した時期だったのがミソである。多くの専門家とかジャーナリストたちがイラン人の信仰を云々しているとき、こんなコトバを口にするというのはなかなか勇気がいるのではなかろうか。

学生時代にペルシア語を習っていたとき、同時並行でトルコ語も勉強していたため、ときおり2つの言語がごっちゃになってしまうことがあった。この両言語とアラビア語は、それぞれまったく異なる語族に属しており、文法的にはまったく似ていないのだが、相互の接触が長かったので、共通の単語が少なくない。

たとえば、学校を意味するアラビア語の「マドラサ」は、ペルシア語に入ると「マドラセ」となり、トルコ語では「メドレセ」となる。ペルシア語の授業でたとえば「マドラセ」というべきところをトルコ語式に「メドレセ」とまちがえて発音すると、ペルシア語の先生からはよく、「きたない」とか「野蛮人」とか叱られたものだ。

トルコ人やトルコ研究者からみれば、失礼な話だが、当時、イランの古典文化を研究している人たちからみれば、イランの優位は当然視されていたし、日本のトルコ研究者の多くも似たような認識であったと思う。もちろん最近ではオスマン帝国時代の文化研究も進んできており、こうしたイラン研究者の優越感やトルコ研究者の文化的劣等感にもある程度変化がみられようになってはいるが。

「アラブ人には秩序がない」を否定するのはむずかしい

一方、「アラブ人には秩序がない」については、現在のアラブ世界の混乱ぶりをみると、否定するのはむずかしい。

個人的経験を普遍化するつもりはないが、昔、サウジアラビアでタクシーに乗ったとき、ものすごいスピードで後続の車に追い抜かれたことがあった。運転手のインド人が、さも当然のように「エジプト人め!」と吐き捨てたので、どうしてエジプト人だとわかるんだと尋ねたら、運転手は「あんな運転するのはエジプト人だからだ」とこれまた明快に答えてくれた。わたし自身エジプトに住んでいたことがあり、エジプトの交通事情の渾沌ぶりはいやというほど味わっていたので、こんな偏見でも変に納得してしまったものだ。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!