コラム

戦隊ヒーロー映画『パワーレンジャー』はイスラエルも守る?

2017年09月04日(月)16時22分
戦隊ヒーロー映画『パワーレンジャー』はイスラエルも守る?

プロデューサーのハーイーム・サバーンの名がハリウッドの「ウォーク・オブ・フェイム」に加わることになり、パワーレンジャーのコスプレをするファンたち Mario Anzuoni-REUTERS

<日本の特撮戦隊ヒーローから生まれたアメリカの「パワーレンジャー」は湾岸諸国の子供たちにまで人気だが、実は中東と深く関係している>

7月15日に米国製映画『パワーレンジャー』が日本でも公開となり、それなりにヒットしているらしい。この映画が日本の特撮戦隊ヒーローものを換骨奪胎したことはよく知られている。

わたしは世代的に上なので戦隊ヒーローもパワーレンジャーも同時代的には見ていないのだが、1990年代からアラブ諸国に出張にいくたびに、街のおもちゃ屋などでパワーレンジャーのおもちゃがどんどん増殖していくのには気づいていた。とくに湾岸諸国では、子どもの世界であっても、米国の流行がすぐにそのまま波及することが多いので、米国でのパワーレンジャー人気と湾岸諸国でのパワーレンジャー人気はほとんどタイムラグがなかったといっていいだろう。

今、ハリウッド映画を無理やり中東と結びつけたように思われたかたもいるかもしれないが、実はパワーレンジャー、もともと中東と深く関係しているのをご存じだろうか。今回の映画は当初、プロデューサーの名前をとって「サバーンのパワーレンジャー」と呼ばれていた。

「サバーン」とは実は人名で、正しくは「ハーイーム・サバーン」。米国でもっとも有名なテレビや映画のプロデューサーの1人であり、フォーブス誌によると、その資産は29億ドルにのぼるという(2017年)。

彼は1944年にエジプトのアレキサンドリアで生まれ、1956年には一族とともにイスラエルに移住している。ここからもわかるとおり、ユダヤ人であり、イスラエルと米国の二重国籍者である。

1956年にエジプトを離れたのは、もちろんこの年、第二次中東戦争、すなわちスエズ動乱が起きて、エジプトとイスラエルが戦ったためだ。このとき、エジプトにいたユダヤ人の多くはエジプトを離れ、イスラエルや欧米などに移住している。サバーン家もおそらくそうしたユダヤ人家族の1つだったと思われる。

なぜ、彼が日本の戦隊ヒーローに魅せられたのかははっきりわからないが、すでに80年代から日本のアニメの英語版制作に関わっており、おそらく早い段階から日本のコンテンツには関心をもっていたのだろう。

パワーレンジャーはもともと1992年から放映された『恐竜戦隊ジュウレンジャー』を下敷きにしている。Wikipedia日本語版「パワーレンジャー」の項目には、当初この「ジュウレンジャー」のタイトルで放送するはずだったが、冒頭の「ジュウ」が侮蔑的なニュアンスでユダヤ人を意味する「Jew」を連想させるため、「パワーレンジャー」に変更になったと述べられている。

残念ながら、その説を立証する記載は見つけられなかったが、インターネット上にはたしかに「ジュウレンジャー」の「ジュウ」を「Jew」と結びつける英語の言説がいくつも散らばっている。なお、ジュウレンジャーの敵方の雑魚キャラにゴーレム兵というのが登場するが、これは、ユダヤ教の神話に登場する自動で動く泥人形のことであり、日本語オリジナル版にもユダヤの影響を垣間見ることができる。

【参考記事】「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、J&Jなどにもサイバー攻撃の疑い コロナ情

ワールド

ロシア、大規模コロナワクチン接種開始へ 大統領が命

ワールド

ファイザーのワクチン、緊急時使用リストへの追加検討

ビジネス

ユーロ圏10月PPIは前月比+0.4% 失業率8.

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 7

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 8

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 9

    警官の暴力は許せないが、警官の顔撮影は禁止すると…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!