コラム

【人生相談】「猫嫌いの義父母にキレそう」ウィンウィンな解決策は?

2020年01月19日(日)12時00分
【人生相談】「猫嫌いの義父母にキレそう」ウィンウィンな解決策は?

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTOS BY TOMWANG112/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS, SEREGRAFF/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS AND THOMAS KELLEY/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS.

<飼っている猫を理由に「泊まりたくない」と言います。どの部屋も掃除したのに──。ライターのニック・グリーンがお答えします>

Q:私はずっと生き物たちと一緒に育ちました。犬からカブトガニまで......みんな大好きです。私は子猫のブリーダーで、自分でも2匹飼っています。夫は猫アレルギーですが、あの子たちを受け入れ、愛してくれます。でも彼の親は、猫がいるからという理由で私たちの家に泊まりたくないと言います。スペースは十分にあって、今はほかの子猫は育てていないのに。ベジタリアンの私が肉の下ごしらえをしたりして料理も頑張ったし、どの部屋も必死に掃除したのに......。ひどく拒絶された気分です。キレてもいいでしょうか?

── ゆりかごの猫

A:鼻水と目のかゆみを我慢してくれる優しいパートナーですね。でも、彼の親にも同じことを期待してはいけません。アレルギーはつらいものです。場合によっては、原因物質を完全に遮断するしかない場合もあります。問題は猫の毛そのものではなく、それに付着しているタンパク質。それが原因物質です。

友達の家に猫を預けるという手もありますが、猫ちゃんたちにはストレスになりますよね。でも、方法はまだあります。適切な準備をすれば、何日か猫を家の特定の場所に隔離することができます。例えば地下室や十分な広さの部屋に、猫用トイレとおもちゃ、食料と水、それにキャットタワーなどを用意します。猫ちゃんたちは新しい仮住まいでリラックスでき、義理のご両親は家のほかの場所でくつろげるはずです。

義理のご両親がアレルギーではなく、単なる猫嫌いだった場合でも、隔離は有効な方法です。それでも泊まりたくないというなら、それは義理のご両親の問題です。お2人を猫好きにするのは、あなたの仕事ではありません。

義理のご両親が猫アレルギーかどうかはともかく、お2人は猫と一緒にいたくないのです。それはあなたの頑張りや、猫ちゃんたちの素晴らしさとは何の関係もありません。

── ニック・グリーン(ライター)

©2019 The Slate Group

<2019年12月31日/2020年1月7日号掲載>

▼あわせて読む
【人生相談】彼氏とキスすると愛犬がほえる
【人生相談】「母娘関係に正解はある?」1人が好きな娘にやきもきしてます

20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ビジネス

米新築住宅販売、1月は12年半ぶり高水準 住宅市場

ワールド

米、新型ウイルス感染59人に 伊・イラン渡航の警戒

ビジネス

ECB、より明確な物価目標が必要=アイルランド中銀

ワールド

中国の経済回復は加速、新型ウイルスなおリスク=党中

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 5

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 6

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 10

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!