コラム

「神経質すぎる」って? 手を洗わない夫の料理でお腹を壊す女性の悩み

2024年05月24日(金)10時14分
切れたレモンを持つ手

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY TRI KUNTORO/ISTOCK-GETTY IMAGES PLUS-SLATE

<野菜や果物をよく洗わず、洗った食器や手は汚れた布巾で拭いてしまう...私が文句を言うと「おまえは神経質すぎる」と夫は言い張ります>

Q:私の夫は料理上手で、料理を通じて家族に愛を表現してくれます。私のほうは料理が苦手で面倒だと思っているだけに、ありがたいです。でも、問題あり。夫は食の安全に関して、全く無関心なのです。

彼にとって「手を洗う」というのは、水道の水で手を軽くはじくことでしかなく、野菜や果物もよく洗いません。賞味期限切れの食材を気付かずに使っていることもあるし、洗った食器や手を拭くのに汚れた布巾を使ったりします。

最悪なのは、調理した料理が冷めてからも冷蔵庫に入れず、ずっと外に出しておくことです。私は胃が弱く、食後に具合が悪くなったことも何度かあります。けれども私が文句を言うと夫はいら立ち、腹を立て、おまえは神経質すぎると言い張ります。どうしたら彼に、もっと家族の安全を考えてもらえるでしょうか?

──食欲減退妻

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮兵が軍事境界線越え、韓国軍が警告射撃=聯合ニ

ワールド

キューバへの巡視船派遣、ロシア抑止に重要とカナダ政

ビジネス

次回会合での利上げ、データ次第で「十分あり得る」=

ビジネス

中国30年債利回りが節目の2.5%割り込む、7週間
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story