コラム
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

絵は描けないけどグラフィックアーティスト志望... 夢を追う義理の娘の将来が心配です

<大人向けの描画の入門書を買い与えても開かずじまい。描けなくても平気と開き直っています。高い学費を払った挙げ句、仕事で食べていけずに親のすね

2023.01.05
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「年相応な外見にすべき?」童顔の彼女がいる、30代後半に見られる長髪・髭男の悩み

<同じ28歳なのに彼女は高校生に間違われ、私は30代後半に見られます。そろそろ子供をつくる予定なのですが......> Q:私と婚約者は同じ

2022.12.20
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「経営陣はみな修士号や博士号を持ってます」家庭を犠牲にしてMBAを取るべき?

<大学院に行かなければ数万ドルの節約になるのですが......> Q:この15年間IT業界でスキルを磨いた苦労が報われ、仕事も私生活も充実し

2022.11.08
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

働かないし、家事もしない...「在宅勤務の夫を尊敬できません」

<1日に2時間しか働かず、そのくせ家事もしません。子供の世話だって全然役に立ちません> Q:パンデミックで夫が自宅で仕事をするようになってか

2022.10.12
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

入れ替わる一卵性双生児の娘たち、周りを困らせて遊ぶのをやめて

<私と妻は2人を別々の子として扱うよう努め、服や髪形を自分の好みで選ぶよう言ってきました。でも娘たちは、区別しやすくなることを一切しません。

2022.08.22
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

健全で幸せな結婚生活を送っています。へそくりは夫への裏切りでしょうか?

<私たち夫婦はお金のことでもめたことがありません。とはいえ周囲は「万一」のためにこっそり貯金をしておけと、私に勧めます> Q:私は愛犬と暮ら

2022.08.17
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

いちいち子育てに口出ししてくる義父母に気が狂いそう

<心配性の義父母の小言が耐え難いレベルです> Q:先日、夫の実家に1週間にわたり滞在しました。その間ずっと、夫の両親に私の子育てを批判されて

2022.08.04
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

数週間、時には何カ月も... 音信不通になる妹にうんざり

<私の結婚式で「花嫁介添人をしたい」と言いながら、その後まったく連絡なし。それどころか当日出席するのかも分かりません。もう大人なのに怠惰すぎ

2022.07.28
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

家がゴミ屋敷に... ガラクタをため込む亡き母親の恋人に困っています

<母には結婚していない長年のパートナーがいて、最後の数年間はその男性が母の世話をしていました。私たちきょうだいも彼のことは大好きなのですが─

2022.07.06
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

姪と甥は合計13人、そのうち6人は恩知らず 彼らに財産を遺すべき?

<クリスマスや誕生日のプレゼントから金銭的な援助までしてきました。7人は私たちに感謝し、集まりなどに招いてくれるけれど、残り6人は完全無視で

2022.06.08
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中