コラム

近未来予測:もしもアメリカが鎖国したら...世界に起こること

2020年09月09日(水)17時05分
近未来予測:もしもアメリカが鎖国したら...世界に起こること

MASTER1305/ISTOCK (DOOR), FEIFEI CUI-PAOLUZZO-MOMENT/GETTY IMAGES (BACKGROUND)

<20XX年、新型コロナ禍と南シナ海戦争を経て、アメリカが完全に国境を閉ざした――。人と物の往来が止まり、世界では今「脱グローバル化」が議論されている。その極端な「影響」をフィクションのかたちで描き出す。本誌「コロナと脱グローバル化 11の予測」より>

(※この記事はフィクションです)

車のラジオからホワイトハウスが打ち出した最新の宣伝文句が聞こえてくる。「アメリカだけがあなたの安全と幸福を守る」

皮肉は意図していないときに一番効く――スーパーマーケットへと車を走らせながら、ドリスは思った。今ではこの文句はある意味当たっている。大統領が宣言した「オンリー・アメリカ(アメリカだけ)」政策の下、外国製品の輸入は禁止され、アメリカはあらゆる同盟から離脱した。
20200901issue_cover200.jpg
スーパーの棚にはメイド・イン・USAの商品ばかりが並ぶ。娘の好物の枝豆はなし。フランス産やイタリア産のワインもない。もうじきピザも姿を消すだろう。実際、ドリスが幼かった1960年代にはピザは「外国」の食べ物だった。

どのみちワインは買えない。家計が苦しいから。最近車を買い替えたばかりだが、これまで乗っていたホンダに比べ、国産車は法外に高かった。

外国車の締め出しはアメリカの自動車メーカーにとっては願ってもないチャンスのはず。だがサプライチェーンは寸断され、増産体制はすぐには築けず......。外国勢の穴を埋めて市場シェアを拡大するどころか、供給不足で顧客が離れ、市場そのものが縮小。米自動車業界のあまりの苦戦ぶりに、失業者の激増を恐れて政府が救済に乗り出したほどだ。

ドリスはディナーのためにアメリカ産のロブスターを2尾買った。今夜はお祝いだ。沖縄に赴任していた海軍勤務の夫が帰ってくる。沖縄の米軍基地は2022年の南シナ海戦争で壊滅的な被害を受けたが、修復はほぼ終わったと、夫は話していた。もめにもめた交渉の末に停戦が成立。以後衝突は起きていないが、一触即発のムードは続いている。

物思いにふけっていたドリスは、レジの列で現実に引き戻された。鎖国政策の影響でスーパーやレストラン、建設現場から働き手がどっといなくなった。深刻な人手不足で、客は延々と待たされるようになり、多くの事業が閉鎖に追い込まれた。それでも失業率は高止まりしている。国境封鎖で人だけでなく、モノとカネの流れが止められたせいだ。

「中国ウイルスの侵入を阻止」

「外国人労働者を締め出したから、こんなに待たされるんだ」。後ろに立っている男がぼやいた。すると、もっと後ろのほうから怒鳴り返す声がした。「おい、忘れたのか。あれは『中国ウイルス』だったんだぞ」

【関連記事】世界経済は「後退」の局面に入った──脱グローバル化と多国籍企業

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「数百万ドルの税金払った」、米紙報道受け

ワールド

台湾の都市を「中国」と表記、EUの支援で修正=外交

ビジネス

ECB、QEのグリーン化検討可能=シュナーベル専務

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 5

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    習近平、中国共産党による新疆ウイグル統治の妥当性…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!