コラム

エヴァと私の26年

2021年04月14日(水)19時00分
アニメージュ

エヴァ本放送の最中に発行された「アニメージュ」(徳間書店)で、放送開始直後の1995年11月号(右)と放送終了直後の1996年4月号(左) 筆者撮影

<筆者の人格形成に決定的な影響を与えたエヴァンゲリオンとその時代>

報道によれば現在公開中の劇場版シン・エヴァンゲリオンが興行収入74億円を突破(4月12日付報)し、いよいよ興収100億の大台に迫らんとするものである。1995年10月から放送されたエヴァが26年目にして完結する段となって、私は感慨無量である。まだ未見の諸氏は急ぎ劇場に足を運ばれることをオススメしたい。

さて、今こうして小生がPCに向かって原稿を書き進め口に糊をする稼業になったのも、すべてがエヴァとの因ある出会いであったと言っても過言ではあるまい。私にとってエヴァは、私の青春時代の人格形成に決定的な影響を与え、この出会いが無ければ私は物書きなぞになってはいなかったであろう。主人公・碇シンジの設定と同じ14歳でエヴァに出会った私は、まず圧倒的な映像演出に度肝を抜かれた。庵野秀明監督の計算され尽くし、特撮的効果を十分に生かしたダイナミックな画面構成は、すでに前作『ふしぎの海のナディア』の時点で同業者のみならず多くのアニメファンを驚嘆せしめたものであったが、『ふしぎの~』は「南の島編」というちょっとアレな...感じの中だるみがあったので、やはり庵野演出の真骨頂はエヴァによってその完成形をみた。

「未完」のラストめぐる狂奔

エヴァにはキリスト教的世界観や哲学、軍事学、心理学、文学、歴史学、ありとあらゆる学問への窓口となる要素がちりばめられていた。テレビ版の25話、26話の衝撃的ともいえる「未完」のラストは放送当時から瞬く間に各界に衝撃を与え、この未完のラストをめぐって当時まだ黎明期であったネット空間では議論が百出し、それが1997年3月と同年7月における、所謂「旧劇場版」への熱狂的な渦となって列島を「社会現象」と言わしめるまでの興奮に包みこんでいく。このような狂奔たる熱情を原体験で知っている私の世代からすれば、昨今の『鬼滅の刃』ブームというモノはそこまで大したものではない。

地域によって差はあるが、1996年3月でエヴァのテレビ版本放送が終わるや、翌1997年初頭までの再放送によってその社会現象は加速度的に増大した。書店には所謂「エヴァ本」が氾濫した。作中にちりばめられた宗教的単語や「謎」の伏線解釈の類が山のように出た。この時私は様々なエヴァ本を耽読することとなったが、最も素晴らしいエヴァ本は兜木励悟著『エヴァンゲリオン研究序説』(KKベストセラーズ)で、これはもうエヴァの研究本というよりは軍事、歴史等々の蘊蓄本であったが大変読み応えがあった。新旧聖書もエヴァ熱にほだされて重版され、私は当時、中学校の図書館から新旧聖書を借りてきて初読に及んだのであった。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

ニュース速報

ビジネス

シャープ、今期営業利益予想1010億円 市場予想上

ビジネス

日経平均は急反落、今年2番目の下落幅 金利上昇に警

ワールド

中国の2020年総人口は14.1億人、1950年代

ワールド

アリババの馬氏、杭州の本社イベントに姿現す

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 8

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 9

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中