コラム

ゾンビを冒涜する日本のハロウィンが笑えない理由──ハロウィン栄えて国亡ぶ2

2022年10月26日(水)11時58分

この週末には奴らが戻ってくる!?(渋谷、2016年10月30日) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<ゾンビ映画の金字塔『死霊のえじき(Day of the Dead)』で描かれたゾンビは、「人間とは何か」を問うための深淵かつ厳粛な存在だった>

本サイト2020年10月末に『ハロウィンが栄えて国が滅ぶ理由』を寄稿した。

当時はコロナ禍が直撃しており、東京渋谷・六本木、大阪・心斎橋などでは目立ったハロウィン騒動は起こりづらかった。しかし2年が経ちコロナ禍もまずまず落ち着いてくるといった今年、またぞろハロウィンから不気味な蠢動が聞こえる。

ハロウィンは友達がいる人の特権である。ハロウィンの参加最小単位は2人である。孤独、無縁が進む昨今社会にあって、ハロウィンは万人に開かれたお祭りではない。孤立の人の影は騒動に照らされてますます色濃くなる。いったい誰が得をするイベントなのだろうか。

コスプレ・ゾンビは邪道

仮装にも注文を付けたい。近年のハロウィンではゾンビの格好をする人が増えた。とりわけナース(看護士)の格好が目立つ。これがいっこうに良く分からない。映画監督ジョージ・A・ロメロが1968年に『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(Night of the Living Dead)』をお創りになったところから所謂『ゾンビ』は始まった。読んで字のごとくゾンビとは生ける屍であり、当初のゾンビは墓地から蘇ってくるので「腐敗した一般市民」である。確かにゾンビに嚙まれて負傷した民間人が病院に運ばれるや、そこでゾンビ化が起こり院内で感染が起こるというシーンがないわけではないが、基本的にゾンビのスタンダードは日常生活を送る一般市民の格好が適当であり、わざわざ看護士に仮装して血のりを付ける正当な理由はない。

ゾンビの原則とはロメロによって確立されたものである。それは1)ゾンビは健常者(生者)を捕食する、2)噛傷によって健常者に感染する、3)ゾンビは頭部(脳)を破壊されると死ぬ(機能停止)である。これを「ゾンビ三大原則」などと呼ぶ。これはロメロ以来、あらゆるゾンビ作品に適応される普遍原則であり、例外は無い。

尤も、1)でいうゾンビ発生のそもそもの理由は「未知のウイルス」とか「(人工)生物兵器」など理由は多岐にわたる。2)では、噛まれなくともゾンビの血液や体液が粘膜に入ることによって感染したり、胎児が母子感染する場合もある。3)は、逆説的にいうと手足を破壊されても機能停止しないことを意味する。基本的にゾンビは鈍足であるが、ダニー・ボイルが『28日後...(28 Days Later)』(2002年)で確立したように走り出すゾンビなどバリエーションはあるが、この三大原則は堅持されている。ハロウィンにおけるゾンビ仮装者は、自分がまずどの作品のゾンビに準拠しているのかの明確な自己認識が必要である。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB今月0.5%利上げ、来年は制約的領域も=アイ

ワールド

5年間の中期防規模、総額43兆円と首相指示 財源含

ワールド

中国、新型コロナの感染症分類を1月にも引き下げへ=

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、10月は前月比-1.8% 予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中