注目のキーワード

コラム

アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

2022年05月23日(月)14時37分

さらに作者の野田サトルはインタビューで、アイヌ文化の保存に協力した和人として言語学者の金田一京助を挙げていた。しかし現在の研究では、金田一はアイヌについてむしろ積極的な同化主義者であったことが分かっている。アイヌ文化のディティールについての理解に比べてアイヌの歴史について無理解を示してしまっていることも、批判を集めている理由となっている。

子どもにも同化政策

もちろん、アイヌを取り扱った漫画すべてがアイヌの差別を過不足なく取り上げなければならないというわけではない。『ゴールデンカムイ』は社会派漫画ではなく、少年誌連載のピカレスク漫画だ。当事者への取材では、可哀そうなアイヌではなくカッコいいアイヌを描いてほしい、という要請もあったという。

しかしそうであっても、和人の作者がアイヌというテーマを扱うときは、迫害の歴史について無責任であってはならない。迫害はたいしたことはなかった、とか、アイヌを助けた和人もいた、というような、迫害の歴史に対する弁明になってしまうのは問題だ。

明治末期のアイヌは、明治以降の一連の政策によって土地を追われ、作中から想像されるよりはるかに強い同化圧力を受けていた。ヒロインのアシㇼパのようなアイヌの子供は特設された旧土人学校で同化教育を受けさせられていた。知里幸恵が『アイヌ神謡集』の序文で「おお亡びゆくもの......」と嘆いたのは、作中の時代からわずか10年あまり先のことだった。

確かに『ゴールデンカムイ』によってアイヌ文化への関心は高まったが、果たしてそれは博物館の陳列品を眺めるような、単なる趣味の域を超えるものとなったのだろうか。『ゴールデンカムイ』のファンの中には、先住民としてのアイヌの、現在進行形で生じている権利問題についてはむしろ勉強を拒絶している人も多い。それでは結局、これまでと何も変わらないのではないだろうか。

第七師団とアイヌ

筆者はかつて第七師団の司令部が置かれていた旭川市出身だ。祖父は志願兵として第七師団に所属していた。彼は生前、自身の軍隊経験について多くを語らなかったが、中国戦線に赴き、ノモンハンでの作戦に参加していたようだ。師団の母体は屯田兵で、旭山動物園の近くに旭川兵村記念館が置かれている。

旭川兵村記念館を訪れると、北海道開拓の苦難の歴史とともに、日露戦争やアジア太平洋戦争など、大日本帝国が行った戦争が肯定的に扱われている。記念館の入り口には、戦時中に戦意高揚に使われていた「加藤隼戦闘隊」の碑がある。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、週足では下落 インフレピー

ビジネス

米国株式市場=S&Pとナスダック4週連続高、楽観広

ビジネス

中国国有大手5社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏家宅捜索で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中