コラム

「多拠点生活」の実現が、これからの日本経済を活性化させる

2021年02月15日(月)16時00分

今後VRなどの技術が広がり、仮想空間の利便性が劇的に増えたとしても、人は移動を捨てないだろう。そしてそれは、長期的な日本経済全体にとっても重要なテーマだ。

江戸時代の参勤交代で、全国の大名が一定の間隔で移動することは、当時の日本経済全体にとても大きい効果をもたらすものだった。日本中で宿場町が栄え、物品の往来が活発になったことで、様々な商品が全国に流通した。移動は経済活動においてとても重要なイベントと言えるだろう。

地方創生の考え方も大きく変わる。これまでは人口減少や過疎化に悩む地方にとっては移住政策がとても大事であった。しかし、よほど魅力的な価値がない地域では移住のハードルは現実にはとても高い。

しかし、これからは一時的でよいので滞在してくれる人を増やすという方法が生まれるのだ。すでに移住よりも関係を持つ人を増やすという、「関係人口」政策は重要になりつつある。

1ヶ月でも訪れて、働いてくれるような関係人口を増やすことは、移住者を増やすことよりもはるかに簡単で、ECで物産品を購入してもらうよりも経済効果が高い。今後10年、20年のスパンで考えると、住民税を自分が関連して住んでいる場所に分割して納めるような政策を実現させることで、新しい地方創生の姿が見えてくるだろう。

規制緩和も課題だが、日本経済活性化に大きな意味を持つ

課題もある。現在多拠点生活を始めている人達は、子供が独立した後の夫婦や若い独身の人などが多い。子供のいる家族とって、多拠点生活は子供の教育環境などが課題だ。しかしそれもオンライン学習が当たり前になると全国移動しながらの教育も可能になるかもしれない。かつては転勤族の親に連れられて転々とする子供は可哀想的な印象があったが、今後はむしろ積極的に日本中を体験させる親なども増えるかも知れない。

他にも様々な規制緩和も課題だ。選挙の際にはオンライン投票が実現されなければ、住民票がある場所の投票所に行くのが大変だ。また短期滞在の場合は、滞在する家が旅館業法の適用を受けることになり、ADDressも物件数を自由に増やせないということになっていて、今後の規制緩和も重要になる。

多拠点生活市場の拡大は様々な企業にチャンスを与える。例えば、複数拠点に家があれば、大型の車を買う人も増えるだろう。住む場所が増えれば家具や家電の需要も増える。一方で所有することを手間だと考え、レンタルサービスやシェアリングサービスなどの利用者も増えるだろう。まさに日本経済全体にとって新しいビジネスチャンスだらけの魅力的なムーブメントなのだ。私たちは2030年には37.5兆円の巨大市場になると推計している。

日本経済活性化のために、多拠点生活はとても大きな意味を持つライフスタイルの変化だ。誰にとっても望ましく、様々な価値創造が行われる世界として、多くの業界の企業がバックキャスティングに考え、できることからすぐにでもアクションすべき市場であることは間違いない。

プロフィール

藤元健太郎

野村総合研究所を経てコンサルティング会社D4DR代表。広くITによるイノベーション,新規事業開発,マーケティング戦略,未来社会の調査研究などの分野でコンサルティングを展開。J-Startupに選ばれたPLANTIOを始め様々なスタートアップベンチャーの経営にも参画。関東学院大学非常勤講師。日経MJでコラム「奔流eビジネス」を連載中。近著は「ニューノーマル時代のビジネス革命」(日経BP)

ニュース速報

ワールド

アストラゼネカ製ワクチン、英の接種結果が他国の参考

ビジネス

中国銀保監会、海外市場のリスク警戒 資本流入増加へ

ワールド

独、コロナ対策のロックダウンを28日まで延長へ=報

ワールド

オーストリア、ワクチン共同生産へ デンマーク・イス

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 9

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!