コラム

メキシコ市「同性婚合法化」の意味

2009年12月22日(火)14時49分

虹色の勝利 メキシコ市議会が同性婚を合法化する法案を可決し、喜ぶゲイ活動家たち(21日)
Daniel Aguilar-Reuters

  メキシコ市は21日、同性婚の合法化を決めた。北米大陸の首都で2番目、中南米の都市では初めてだ。


 法案が市議会で39対20で可決すると、支持者らは「私たちはできたぞ!(Yes, we could)」と歓喜に沸いた。

 左派で民主革命党のマルセロ・エブラルド市長は法案に署名するとみられている。

 法案が成立すれば、同市の民法における結婚の定義が変更される。現在の定義では、結婚は男性と女性の結合(ユニオン)だが、新しい定義は「2人による自由な結合」となる。

 近年メキシコの政治は、アメリカが長年格闘してきた社会的・文化的な紛争と同種の課題を抱えることが増えている。人工妊娠中絶をめぐる対立もその1例だ。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2009年12月21日(月)18時05分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 22/12/2009. ©2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、敵対行為やめない限り日本を無視=国営メディ

ワールド

イタリア地方選、同盟が躍進 五つ星に比肩する支持獲

ビジネス

高島屋、18年3―5月期は増収増益 インバウンドや

ビジネス

欧州銀行監督機構、銀行に英のEU離脱対策急ぐよう警

MAGAZINE

特集:中国よりもおそロシア

2018-7・ 3号(6/26発売)

台頭する中国の陰で牙を研ぐ謀略家プーチン ロシアが狙う新たなターゲットは何か

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

  • 5

    ハーバードが絶賛する「日本」のポテンシャルと課題

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    刑務所内から犯行指示のテロ指導者に死刑判決 報復…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    ナルシストは危険信号 浮気がちな7つのパーソナリ…

  • 10

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 6

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 9

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!