コラム

「東京五輪」の目標は北京かそれともロンドンか

2012年09月03日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔8月29日号掲載〕

 世界が熱狂したロンドン・オリンピックが終わった。基本的に「ベッドの上のスポーツ」にしか関心がない私だが(笑)、今回のロンドン大会は大いに注目した。

 それはわが中国選手団の活躍ぶりももちろんだが、この大会に東京が実現を目指す2020年夏季五輪のヒントが隠れていると思ったから。北京に続き、第2の祖国である日本で2度目のオリンピックを見るのが私の大きな夢だ。

 今回のロンドン大会の特徴は開幕式にすべて表れていたと言っていい。あえて言うなら、ユーモア、成熟、懐の深さ。007が(スタントマンとはいえ)エリザベス女王をヘリコプターから落とし、「憨豆先生(ハントウシエンション、Mr.ビーン)」演じる映画のパロディーで全世界を爆笑させる。笑わせるだけでなく、オリンピック旗の入場では持ち手にノーベル平和賞受賞者の人権活動家を選び、人権思想と民主主義の母国であることをさりげなく世界に向けてアピールする──。

 東京大会が目指すべきなのは同じアジアの北京式か、それとも今回のロンドンスタイルか。

 確かに4年前の北京大会は、全世界の中国人が祖国を誇りに感じる豪華で華やかな内容だった。女の子の口パクや花火のコンピューターグラフィックス映像が批判を浴びたが、それだって今回の女王スカイダイビングやMr.ビーンと同じ演出の1つだ。

 ただ、たとえ中国が2度目のオリンピックを開催できたとしても、ジャッキー・チェンが元国家主席の胡錦濤(フー・チンタオ)をヘリから落としたり、政治犯の劉暁波(リウ・シアオポー)がオリンピック旗を持って開会式で入場することなどとても考えられないだろう。逆に、あれほど見事なマスゲームを成功させることができるのは、もう中国のほかには北朝鮮ぐらいしかない。

 中国という国にはまだまだ国民一人一人を大切にする、という考えがさっぱり浸透していない。それどころか共産党の指導者ばかりを持ち上げ、こういった特権階級と庶民の格差は広がるばかりだ。

■中国キャスターの「問題発言」

 オリンピックに出場するレベルのスポーツ選手は、小さい頃から親と離れて国の施設で暮らす。このためオリンピック選手の親のほとんどが、子供の活躍を見るため直接外国の会場に行くことがない。これも形を変えた人権侵害といっていい。

 日本人は気付いていないが、今回の開会式で日本選手団が入場するとき、中国中央電視台(CCTV)の有名キャスターは中国向け生中継で実に失礼なコメントをした。日本という国や選手団の現状は一切紹介せず、ただ「(第二次大戦直後の)1948年のロンドン五輪で参加を拒否された国は2つ。1つはドイツ、1つは日本」とだけ発言したのだ。

 このキャスターは日本に長期滞在して詳細なルポを制作したこともある実力派だ。おそらく尖閣諸島の領有権問題で日本ともめているため慎重になったのだろうが、このようにスポーツの祭典でキャスターが「表現する自由」すら、中国では思うように行使することはできない。

 その尖閣問題も、香港の活動家の上陸騒ぎが大きなニュースになったが、中国人にとって何より驚きなのは日本側の所有者があくまで個人であることだ。

 中国では今や大っぴらに土地が売買されているが、建前は社会主義国家なので、個人が買えるのは所有権でなく70年間の長期使用権にすぎない。中国人は、国に土地を取り上げられる恐怖から逃れられない。日本の土地を外国人が買うことはできるが、中国の土地は中国人も買えないのだ!

 オリンピック招致活動の先頭に立つわが石原都知事が目指すのは、もちろんロンドンのような温かみのある大会だろう。意外に北朝鮮顔負けのマスゲームがお好みかもしれないが(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ビジネス

中国銀行部門、来年は2─3%の増益 今年は7%の減

ビジネス

東証とJPXに業務改善命令、CEO「真摯かつ厳粛に

ワールド

11月の独時短制度利用企業、28%に 一部ロックダ

ビジネス

自民・経済対策提言、ポストコロナ研究で基金10兆円

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!