コラム

バーバリーだけじゃない、ファッションブランドから次々人材を引き抜くアップルの狙い

2013年10月23日(水)15時48分

 アップルが有名ファッション・ブランドのバーバリーからCEOを雇い入れたことが話題になっている。実は、アップルがファッション・ブランドからトップをヘッドハントしたのは、最近でこれが二人目だ。今年7月には、パリの有名メゾン、イヴ・サンローランのCEO兼会長を雇った。

 バーバリーCEOのアンジェラ・アーレンズは、長い間空席になっていたアップルの小売部門の統括責任者となる。一方、サンローランのポール・デネーブは「特別プロジェクト」の担当。この特別プロジェクトとはおそらく、アップルが近い将来に発表するだろうとされている腕時計型コンピュータ、つまり通称「iWatch」だというのがもっぱらのうわさだ。

 トップの引き抜きではないが、ファッション業界ということで言えば他にもいる。リーバイズの上級副社長がアップルのアメリカ国内小売店担当になり、ナイキのデザイン・ディレクターもアップルに加わっている。

 ファッション界の人間を招き入れるとは、たとえデザイン・コンシャスで知られるアップルであっても大きな転換点となるようなできごとである。テクノロジー製品は、いわば技術のロジックと生産の効率性で構成されていて、インダストリアル・デザインを極めていくところまでは理解できる。

 だが、ファッションとなるとかなりの飛躍だ。アップル製品の使い勝手のよさや、切り詰められたシンプルさ以上に、移り気で直観的で感情的といった要素が加わるのだ。アップルはともかくとしても、エンジニア社会のシリコンバレーではびっくり、といった動きである。

 ただ、理由はいろいろ考えられる。

 ウェアラブルがそのひとつだ。身体につけるコンピュータであるウェアラブルは、iWatchのような腕時計型、グーグル・グラスのような眼鏡型などがもっぱら知られているところだ。これだけ身体に密接につながってくると、それを身に付けた時の手首の美しさや顔の輪郭との関係など、ファッション性を無視することはできなくなる。

 また、ウェアラブルがどんなかたちであり得るかにはまだまだ未知数が多く、ベルト型になったり肩掛け風になったりするかもしれないし、あるいは繊維にデジタル・センサーが織り込まれて、服自体が文字通りウェアラブルとなる日も遠くはないかもしれない。そうなると、テクノロジーとファッションは、もうひとつのものとして考えないと、製品は広く受け入れられないのだ。

 もうひとつの理由は、製品や小売店鋪のつくりなどで他社にデザイン面で真似されてきたアップルが、真似されない次のステップへ飛躍しようとしているということだ。製品や店舗のインテリアで見せてきたシンプルでクリーンなデザインの先には、何があるのか。ファッションが、それを探る一手になるのだ。

 折しも現在、コンピュータもスマートフォンも普通の製品となってコモディティー化してきていて、バーバリーやサンローランといったヨーロッパのラグジュアリー・ブランドのような重層的な表現方法は新鮮に感じられるはずだ。iPhoneも今以上にラグジュリアスなモデルも出てくるかもしれない。そうなると、グーグルやアマゾン、サムソンもすぐに追従はできないだろう。

 さらに、これと反するようだが、先頃発表された廉価版iPhone5cの失敗も、ファッションで救えるのではないだろうか。アップルは、これまでiPhoneが買えなかった人のために、そして客を増やすために、価格が100ドル以下という廉価版製品を出したものの、それがさっぱり売れなかったのだ。どんなに安くても、薄っぺらな作りの製品をただカラフルな色違いで提供するといった小手先のやり方では、もう誰も満足しない。ユーザーの裾野を広げる安い製品だからこそ、ファッション性が必要になる。つまり、ラグジャリーと廉価の両方で、ファッションができることはたくさんあるわけだ。

 バーバリーのアーレンズは、ファッションだけでなく、ソーシャルメディアやテクノロジーに深く馴染んできた人物だ。テクノロジー会議などでバーバリーのデジタル戦略をプレゼンテーションしているのを見たことがあるが、なるほどバーバリーを若く生き返らせた人物であることがうなずけた。テクノロジーとファッションが急接近しそうな今、彼女のように両方のことばを理解できる人材は重要になっている。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!