コラム

米政府で次々と要職に就くテック企業重役

2015年04月17日(金)15時28分

 ホワイトハウスは、2月に政府で最初のデータ・サイエンティストを任命した。データ・サイエンスと言えば今、もっともホットなビジネスの領域である。あらゆる場所で刻々とデータが生み出され続けるこのビッグデータ時代に、膨大な量に上るそうしたデータを解析し、統計学などの専門的な視点も加味して、社会や人々の生活の中にこれまでは見えなかった現象や動きを発見する。そんなかっこいい専門分野を取り入れるとは、古くさくて鈍いという政府のイメージをすっかり書き換えるほどのインパクトである。

 そのデータ・サイエンティストに選ばれた人物が、また人々を驚かせた。DJパティル氏は、イーベイやリンクトイン、セールスフォース・ドットコムの子会社などに在籍したバリバリのデータ・サイエンティストで、そもそも「データ・サイエンティスト」ということばを生み出した人物とされている。彼が、データ・サイエンスの重要性を指摘したことによって、今やIT企業、メーカー、NPO、メディアまで、データを理解し、データを駆使して新しい視点を得ようとしているのだ。パティル氏は就任後、医療保険サイトを対象にした仕事に取りかかる。オバマ政権の医療保険改革の一環として、データ・サイエンスを利用するということだ。

 ホワイトハウスが、こうした現代的なテクノロジー職を設けるのは実はこれが初めてではない。CTOやCIO職は2009年からあり、すでに何人か代替わりしている。また、先月は初めてのチーフ・デジタル・オフィサー、ホワイトハウス付きのディレクター・オブ・ITも任命されている。

 そうした職が政府に設けられるのも興味深いが、どのポジションにもおもしろいバックグラウンドの人材を抜擢している点も驚く。現CTOであるミーガン・スミス氏の前職はグーグルの副社長。ビジネス開発や先端研究部門のグーグルXを率いており、それ以前は起業家だった。

 また現CIOは、パティル氏と同時に任命されたトニー・スコット氏。彼は、企業向けIT技術開発会社のVMウエアで上級副社長兼CIOを務めていた。政府が第一級のデジタル・サービスを提供し、同時に政府のIT資産や情報を護るのがその役割だ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!