コラム

米政府で次々と要職に就くテック企業重役

2015年04月17日(金)15時28分

 ホワイトハウスは、2月に政府で最初のデータ・サイエンティストを任命した。データ・サイエンスと言えば今、もっともホットなビジネスの領域である。あらゆる場所で刻々とデータが生み出され続けるこのビッグデータ時代に、膨大な量に上るそうしたデータを解析し、統計学などの専門的な視点も加味して、社会や人々の生活の中にこれまでは見えなかった現象や動きを発見する。そんなかっこいい専門分野を取り入れるとは、古くさくて鈍いという政府のイメージをすっかり書き換えるほどのインパクトである。

 そのデータ・サイエンティストに選ばれた人物が、また人々を驚かせた。DJパティル氏は、イーベイやリンクトイン、セールスフォース・ドットコムの子会社などに在籍したバリバリのデータ・サイエンティストで、そもそも「データ・サイエンティスト」ということばを生み出した人物とされている。彼が、データ・サイエンスの重要性を指摘したことによって、今やIT企業、メーカー、NPO、メディアまで、データを理解し、データを駆使して新しい視点を得ようとしているのだ。パティル氏は就任後、医療保険サイトを対象にした仕事に取りかかる。オバマ政権の医療保険改革の一環として、データ・サイエンスを利用するということだ。

 ホワイトハウスが、こうした現代的なテクノロジー職を設けるのは実はこれが初めてではない。CTOやCIO職は2009年からあり、すでに何人か代替わりしている。また、先月は初めてのチーフ・デジタル・オフィサー、ホワイトハウス付きのディレクター・オブ・ITも任命されている。

 そうした職が政府に設けられるのも興味深いが、どのポジションにもおもしろいバックグラウンドの人材を抜擢している点も驚く。現CTOであるミーガン・スミス氏の前職はグーグルの副社長。ビジネス開発や先端研究部門のグーグルXを率いており、それ以前は起業家だった。

 また現CIOは、パティル氏と同時に任命されたトニー・スコット氏。彼は、企業向けIT技術開発会社のVMウエアで上級副社長兼CIOを務めていた。政府が第一級のデジタル・サービスを提供し、同時に政府のIT資産や情報を護るのがその役割だ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!