コラム

米政府で次々と要職に就くテック企業重役

2015年04月17日(金)15時28分

 ホワイトハウスは、2月に政府で最初のデータ・サイエンティストを任命した。データ・サイエンスと言えば今、もっともホットなビジネスの領域である。あらゆる場所で刻々とデータが生み出され続けるこのビッグデータ時代に、膨大な量に上るそうしたデータを解析し、統計学などの専門的な視点も加味して、社会や人々の生活の中にこれまでは見えなかった現象や動きを発見する。そんなかっこいい専門分野を取り入れるとは、古くさくて鈍いという政府のイメージをすっかり書き換えるほどのインパクトである。

 そのデータ・サイエンティストに選ばれた人物が、また人々を驚かせた。DJパティル氏は、イーベイやリンクトイン、セールスフォース・ドットコムの子会社などに在籍したバリバリのデータ・サイエンティストで、そもそも「データ・サイエンティスト」ということばを生み出した人物とされている。彼が、データ・サイエンスの重要性を指摘したことによって、今やIT企業、メーカー、NPO、メディアまで、データを理解し、データを駆使して新しい視点を得ようとしているのだ。パティル氏は就任後、医療保険サイトを対象にした仕事に取りかかる。オバマ政権の医療保険改革の一環として、データ・サイエンスを利用するということだ。

 ホワイトハウスが、こうした現代的なテクノロジー職を設けるのは実はこれが初めてではない。CTOやCIO職は2009年からあり、すでに何人か代替わりしている。また、先月は初めてのチーフ・デジタル・オフィサー、ホワイトハウス付きのディレクター・オブ・ITも任命されている。

 そうした職が政府に設けられるのも興味深いが、どのポジションにもおもしろいバックグラウンドの人材を抜擢している点も驚く。現CTOであるミーガン・スミス氏の前職はグーグルの副社長。ビジネス開発や先端研究部門のグーグルXを率いており、それ以前は起業家だった。

 また現CIOは、パティル氏と同時に任命されたトニー・スコット氏。彼は、企業向けIT技術開発会社のVMウエアで上級副社長兼CIOを務めていた。政府が第一級のデジタル・サービスを提供し、同時に政府のIT資産や情報を護るのがその役割だ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

ビジネス

英中銀、8月6日の政策決定発表時間を前倒し 日本時

ワールド

リジェネロン、コロナ抗体カクテル療法で米政府と契約

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!