コラム

帰ってきたバーチャル・リアリティーの新境地

2015年03月12日(木)17時39分

 最近、バーチャル・リアリティー(VR)の技術が再び注目を集めている。VRとは、コンピュータの中で展開される空間のこと。バーチャルな城を舞台に闘うコンピュータ・ゲームとか、バーチャルな教室で行われるセミナー(ウェビナー)などのVRを体験された方もいるかと思う。要は、本物のように精巧に作られたコンピュータ・グラフィックス空間で、臨場感のある体験をしたり用を済ませられるようにしたものだ。

 それが改めて注目されるようになったのは、VRを体験するための特製の機器が開発されたため。たとえば、フェイスブックに買収されたオキュラス・リフトという会社の機器は、見たところゴーグルのようなかたちをしている。これをかけて両目をすっぽり覆うと、前方のふたつの画面が脳の中で合成され、風景などがひとつの立体空間として表示されるようになる。

 驚くべきは、そのイマーシブな(没入感のある)体験だ。これまでにVRをコンピュータ・スクリーンで見たことがあっても、ゴーグルをかけて見える空間のこの生々しさはそれとは比べものにならない。本当にそこに居るかのように感じられるのだ。

 イマーシブさをさらに強めるのは、自分の首を動かす時。横を向いたり上を向いたりすると、画面も連動する。バーチャルに作られた画像だというのに、まるで自分がその同じ空間にいて、いろいろ視点を変えているように体験できる。

 それでは、このVRは一般のわれわれにどんな風に役立ってくれるのだろうか。VR用のゴーグルはオキュラス・リフトだけでなく、サムソンやソニーも開発している。グーグルも簡易型のものを開発して、ウェブ上で型紙をダウンロードできるようにしている。VR用のゴーグルをかけている様は、他人から見ると少々ギーク(=オタク)っぽいのは確か。だが、その奇妙さを超えて、これからVRが広まるだろうという予感がする。

 まずは、ゲーム。すでにコンピュータ・ゲームの中には空間が三次元に見えるものがあるのだが、これがVRになると迫力が違う。平らなコンピュータ・スクリーンではなく、目をすっぽり覆われてその中に居る感じがぐっと高まり、城の風景も野原の木々も本当にリアルなものとして感じられるだろう。

 エンターテインメントでは、すでにVRを用いた映画製作が進んでいるようだ。こちらも遠くの平らなスクリーンを観るのではなく、主人公に触れそうなくらい近いところから、まるで参加するように映画作品が味わえるようになる。

 ソーシャル・ネットワークでの利用も予想できる。そもそもフェイスブックがここに乗り出したのも、それが理由だろう。フェイスブックでつながっている人々が、バーチャル空間に集って交流する。タイムラインでやりとりしている以上の直接的な雰囲気が感じられるだろう。

 ビジネスでは、不動産が面白い。一度体験したことがあるのだが、売り出し中のアパートをバーチャルに見学できたりする。視線を移して部屋の中を見回したり、外からアパートを見上げたりできる。周辺の環境も手に取るようにわかるのは、現在のウェブでよくあるバーチャル・ツアーとは大違いだ。

 バーチャル・ツアーと言えば、旅行業にも役立つ。今度旅行したい先、泊まりたいホテルなどをVRでチェックするというのも手だろう。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!