コラム

帰ってきたバーチャル・リアリティーの新境地

2015年03月12日(木)17時39分

 最近、バーチャル・リアリティー(VR)の技術が再び注目を集めている。VRとは、コンピュータの中で展開される空間のこと。バーチャルな城を舞台に闘うコンピュータ・ゲームとか、バーチャルな教室で行われるセミナー(ウェビナー)などのVRを体験された方もいるかと思う。要は、本物のように精巧に作られたコンピュータ・グラフィックス空間で、臨場感のある体験をしたり用を済ませられるようにしたものだ。

 それが改めて注目されるようになったのは、VRを体験するための特製の機器が開発されたため。たとえば、フェイスブックに買収されたオキュラス・リフトという会社の機器は、見たところゴーグルのようなかたちをしている。これをかけて両目をすっぽり覆うと、前方のふたつの画面が脳の中で合成され、風景などがひとつの立体空間として表示されるようになる。

 驚くべきは、そのイマーシブな(没入感のある)体験だ。これまでにVRをコンピュータ・スクリーンで見たことがあっても、ゴーグルをかけて見える空間のこの生々しさはそれとは比べものにならない。本当にそこに居るかのように感じられるのだ。

 イマーシブさをさらに強めるのは、自分の首を動かす時。横を向いたり上を向いたりすると、画面も連動する。バーチャルに作られた画像だというのに、まるで自分がその同じ空間にいて、いろいろ視点を変えているように体験できる。

 それでは、このVRは一般のわれわれにどんな風に役立ってくれるのだろうか。VR用のゴーグルはオキュラス・リフトだけでなく、サムソンやソニーも開発している。グーグルも簡易型のものを開発して、ウェブ上で型紙をダウンロードできるようにしている。VR用のゴーグルをかけている様は、他人から見ると少々ギーク(=オタク)っぽいのは確か。だが、その奇妙さを超えて、これからVRが広まるだろうという予感がする。

 まずは、ゲーム。すでにコンピュータ・ゲームの中には空間が三次元に見えるものがあるのだが、これがVRになると迫力が違う。平らなコンピュータ・スクリーンではなく、目をすっぽり覆われてその中に居る感じがぐっと高まり、城の風景も野原の木々も本当にリアルなものとして感じられるだろう。

 エンターテインメントでは、すでにVRを用いた映画製作が進んでいるようだ。こちらも遠くの平らなスクリーンを観るのではなく、主人公に触れそうなくらい近いところから、まるで参加するように映画作品が味わえるようになる。

 ソーシャル・ネットワークでの利用も予想できる。そもそもフェイスブックがここに乗り出したのも、それが理由だろう。フェイスブックでつながっている人々が、バーチャル空間に集って交流する。タイムラインでやりとりしている以上の直接的な雰囲気が感じられるだろう。

 ビジネスでは、不動産が面白い。一度体験したことがあるのだが、売り出し中のアパートをバーチャルに見学できたりする。視線を移して部屋の中を見回したり、外からアパートを見上げたりできる。周辺の環境も手に取るようにわかるのは、現在のウェブでよくあるバーチャル・ツアーとは大違いだ。

 バーチャル・ツアーと言えば、旅行業にも役立つ。今度旅行したい先、泊まりたいホテルなどをVRでチェックするというのも手だろう。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!