コラム

ダコタ・ファニングが家出娘の悩殺爆弾 蘇るランナウェイズ

2010年03月24日(水)18時47分

『ザ・ランナウェイズ』公式サイト


 ハロー、ダディ、ハロー、マム

 私はチチチチチ、チェリー・ボム!

 1977年、ザ・ランナウェイズが日本にやって来てNHKの『レッツゴーヤング』に出演した。チェリー・カーリーは下着姿で股をガバっとガニマタに開いて腰をグラインドさせたがNHKはロングショットでしか写さなかった。翌日月曜日に学校に行くと男子生徒たちは「昨日ランナウェイズ見た? すげえ小っちぇえパンツ!」と盛り上がり、女子は「男子って嫌ねえ」と眉をひそめていた。

 しかしチェリー・カーリーが書いた自伝『ネオン・エンジェル』によると、来日したランナウェイズに殺到したファンは女子中学生や高校生ばかりだったという。制服向上委員会など存在しない時代のモッサい制服の胸の奥で日本の処女たちはアメリカから来た家出娘たちに憧れ、鏡の前で舌出して中指立てたりしていたのだ。

 さて、その『ネオン・エンジェル』が『ザ・ランナウェイズ』のタイトルで映画化された。ジェイルベイト(刑務所のエサ。うっかり淫行しそうになるエロい未成年女子のこと)の極みのようなチェリー・カーリーを演じるはなんとダコタ・ファニング! 「ダコタん」もとっくに15歳で、チェリーがデビューした頃と同い歳なのだが、下着姿で踊るだけじゃなく、トイレでローディと立ち×××し、ハッパ、コカイン、睡眠薬とあらゆるクスリをやりまくる、まさにセックス&ドラッグ&ロックンロールな演技には『アイアム・サム』のいたいけな娘に泣いた人たちはショックだろう。

 ランナウェイズのリーダー、ジョーン・ジェットは『トワイライト』で大人気の幸薄系美少女クリステン・スチュワート。映画はジョーンがライダーズの革ジャンを買おうとして「これは女の着るもんじゃない」と断られるところから始まる。当時はまだロックンロールを演奏するのは男。女はグルーピーと決まっていた。ジョーンは当時貴重な女性ロッカーだったスージー・クワトロに憧れ、女だけのバンドを作ろうとする。

 その話に乗ったのはキム・フォウリーという音楽プロデューサーだった。フォウリーは彼のことを描いた『サンセットストリップの市長』というドキュメンタリー映画があるほど強烈な人物。演じるのはマイケル・シャノン。『レボリューショナリー・ロード』で「本当のことしか言えない病気」の男を演じて、ほんの数分しか出番がないのに映画をさらってしまったシャノンはここでも始終ハイテンションで「お前たちをロックスターにしてやるぜー!」と絶叫する。

 ガールズ・バンドを売り出すコンセプトを探していたフォウリーはバイクにまたがったブリジット・バルドーの写真を見て「これだ! セックスだ!」とひらめき、チェリー・カーリーをリードボーカルにスカウトする。しかしチェリーにロック魂はなかった。不幸な家庭環境から抜け出したいと思っただけだったのだ。それが結果的に解散に結びついていく。

 原作がチェリー・カーリーの自伝なので、主に彼女の視点で描かれているが、この映画の本当のヒーローはジョーン・ジェットだ。バンドが空中分解し、何もかも失った彼女に残ったのはロックンロールへの愛だけだった。その思いをストレートにぶつけた「アイ・ラブ・ロックンロール」は大ヒットし、永遠のロックのアンセムになった。実はジョーン・ジェットはこの映画のエグゼクティヴ・プロデューサーでもある。ということは、ジョーンが「タチ」としてチェリーとレズビアン・セックスする場面は事実なのだろう。

 チェリー・カーリーはバンドを辞めた後、女優を目指したが、『トワイライトゾーン超次元の体験』(83年)で超能力を持つ弟に口を奪われてしまった姉という悲惨な役以外に目ぼしい仕事はない。

 今週号の『ピープル』誌はランナウェイズのメンバーの現在を追っている。チェリー・カーリーはチェーンソーで丸太を削る彫刻家をやっているとのことだが、あまりに老けこんでいて往年の面影はない。ジョーン・ジェットとリード・ギターのリタ・フォードは今もロッカーとして活躍している。ロックし続けている2人の容貌は昔とそれほど変わらない。ジョーンの「バッド・レピュテーション」は今もアメリカのティーンたちに歌い継がれている。

 評判なんて気にしない

 あんたらは過去の遺物

 世代は変わったのよ

 女の子はやりたいことをやっていいの

 あたしもやるわよ

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 4

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!