コラム

30秒3億円のスーパーボウルCMと宗教と政治

2010年02月04日(木)12時53分

 今週末はスーパーボウルだ。ニューオリンズ・セインツとインディアナ・コルツの頂上決戦だ。

 地元チームが出場しない場合、アメリカではみんな、何かの理由で応援するチームを決める。親戚が住んでる場所とか、好きな選手がいるチームとか。

 オイラが応援したいのはニューオリンズ・セインツだ。2005年のハリケーン・カトリーナでニューオリンズは破壊され、セインツのホームであるスーパードームは被災者たちの家になった。市の完全な復興は今も成し遂げられていない。そんな逆境で戦い、スーパーボウルに勝ち進んだ聖人たちを讃えよう。

 それにセインツにはスコット・フジタがいる。フジタは「藤田」だが、彼は完全な白人で、その体には日本人の血は1滴も流れていない。しかし心は日本人だ。スコットは幼くして日系人のフジタ夫妻の養子になった。家では日本語を話し、日本食で育てられた。日本の歴史や伝統を教わり、第二次大戦時に日系人が収容所に入れられたことやヒロシマ・ナガサキの原爆のことも知った。日本に生まれ育った日本人よりも日本人かもしれない。彼のトレードマークは敵と激突する前に日本式にお辞儀する礼儀正しさだ。
 
 さて、スーパーボウル最大の楽しみは中継時のCMだ。スーパーボウルは試合よりもハーフタイムショーを観る人口のほうが多くて、CMだけ観る人口はもっと多いと言われるほど、CMが名物だ。なにしろアメリカ人の2人に1人が観る国民的行事だから、各社はこのためだけに大予算をかけて気合の入ったCMを作る。有名なリドリー・スコット監督のアップル・コンピュータのCMをはじめ、歴史に残る傑作も多い。

 スーパーボウルCMの放送料は30秒間で約3億円といわれるが、この不況にもかかわらず今年もCM枠はすでにソールドアウト。CBSが得る放送料の合計は2億ドル!

 しかし気合が入り過ぎて放送されないCMもままある。去年はアシュレー・マディソンというインターネット・サイトのCMがCBSから放送を拒否された。夫婦がレストランで外食するのだが夫はすでに妻への気遣いを忘れ、2人の間にはもうロマンチックなムードはない。そこに出る文字は「離婚だけが選択肢ではありません」。つまり浮気相手を紹介する出会い系サイトの広告だったのだ。

 今年はマンクランチというインターネット・サイトがスーパーボウル用にこんなCMを作った。カウチに座ってアメフト中継見ているヒゲ面のムサい男2人。チップの入ったボールに2人同時に出した手が触れ合う。それで火がついて2人は熱い抱擁と口づけを。これはゲイ向けの恋人紹介サイトで、やっぱり放送を拒否された。

 今年いちばん話題なのは学生アメフト最高の栄誉ハイズマン賞に輝くフロリダ大学のクォーターバック、ティム・ティボウが出演するCMだ。内容は彼が生まれた時の話。1987年、ティボウを妊娠していた母親はフィリピンにいたが、アメーバ性赤痢にかかって薬を飲んだことが原因で胎盤剥離を起こした。医師はこのままでは母体が危ないし、子どもも障害を受けたかもしれない、と中絶を勧めた。しかし母は拒絶して赤ん坊を産んだ。あの時、中絶していたら、この世界は優秀なスポーツマンを1人失っていた。

 これは中絶反対を訴える保守系キリスト教団体フォーカス・オン・ファミリーのCMである。ティボウの家族は、聖書の教えを忠実に守る福音派キリスト教徒で、ティボウ自身も試合では毎回、目の下に「John 16:33」や「Mark 4:13」などとペイントしている。これは聖書の言葉を意味する。たとえば「John16:33」はヨハネ福音書16章33節の「我すでに世界に勝てり」のことだ。

 人工中絶は73年に連邦最高裁でその権利が認められて以来ずっと政治的争点になってきた。米国民の25〜30%を占める福音派、保守的キリスト教徒たちは中絶を再び禁止しようと政治家に圧力をかけている。政治家にとって中絶の権利を認めるか認めないかは当落を決める重要なファクターだ。そういう政治的で宗教的な問題のCMをスーパーボウルで放送させていいのか? CBSに批判が集まっている。

 2004年のスーパーボウルではある政治的CMの放送が問題になった。リベラル系市民団体ムーブオンが作ったもので、5歳くらいの子どもたちが皿洗いやビルの清掃、ゴミ処理場で油と汗にまみれて黙々と働いている。そこにナレーション。

「金持ちへの無茶な減税、理由なきイラク戦争で膨れ上がった史上最大の負債を支払わされるのは次の世代です」

 これは当時のブッシュ政権の政策の失敗を指摘し、その年の選挙で対立候補への投票を訴えるCMだった。CBSは特定の政治的バイアスを理由に放送を拒否した。このCMは現状を的確に予言していたのだが。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 3

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「和輪庵」

  • 4

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!