コラム

外資による「乗っ取り」は日本企業が立ち直るチャンス

2012年07月06日(金)13時57分

 今年3月、台湾の鴻海精密工業がシャープの株式の9.9%を保有して筆頭株主となった。鴻海グループは中国本土に多くの工場をもつEMS(受託生産サービス)大手で、アップルのiPhoneやiPadを製造する「フォックスコン」のブランドで知られている。これは形の上では一部出資だが、シャープの中核事業である液晶を生産する子会社シャープディスプレイプロダクトに46.5%を出資し、実質的に経営権を握る。

 しかし両社の業務提携は、なかなか進展しない。鴻海の郭台銘会長が「シャープの意思決定は遅い」と批判する発言が報じられ、「そのうち全株が買収されるのではないか」との憶測が飛んでいる。シャープの時価総額4100億円に対して鴻海は2兆6000億円だから、全株を買収することは不可能ではない。今年3月期に3800億円の最終赤字を出し、1兆1500億円の有利子負債を抱えるシャープにとって、選択の幅は限られている。

 しかしこれを「外資による乗っ取り」と後ろ向きにとらえるのは間違っている。コア事業である液晶が国際競争力を失ったシャープにとっては、液晶事業が鴻海と統合されてアップルなどから受託すれば、再建が期待できる。今まで収益の柱だった液晶テレビは、もう国内で製造しても赤字になるばかりだから、すべてフォックスコンに生産委託するほうが効率的だ。

 液晶のように技術進歩の激しいデバイスについては、開発・設計部門から製造部門を分離してEMSに委託する水平分業が世界的な潮流である。液晶テレビで北米トップメーカーになった「ビジオ」はまったく製造部門をもたない「ファブレス」企業で、製造はすべてフォックスコンに委託している。

 しかし昔からテレビを中核事業にする日本メーカーは、人員整理や事業売却には役員会でも労使交渉でも反対が強くて踏み切れない。こういうとき日本の経営者は、ぎりぎりまで雇用を維持して資本を食いつぶす。シャープの株価はこの半年で半減し、PBR(株価純資産倍率)は0.66。つまり会社を解散して資産をすべて売却した価値の2/3しか企業価値がない。これは株主利益を犠牲にして従業員共同体の利益を守るモラルハザードである。

 シャープだけではなく、東証1部上場企業の平均PBRは0.97。日本中の企業が「100円の入った財布を97円で売っている」ようなものだ。これで企業買収が起こらないほうが不思議だが、日本の企業買収総額はGDP(国内総生産)の2.5%しかなく、アメリカの1割程度だ。特に海外企業による国内企業の買収は、昨年は同-0.03%と流出超になった。外資は乗っ取りどころか、資本を引き上げているのだ。

 そんな中で、外資が買収の意向を示しているシャープは、むしろ恵まれた企業だ。日本の労働者が優秀で働き者であることは、世界に知られている。どの事業を切るべきかも明らかなのだから、必要なのはそれを実行する指導力だけである。郭氏がシャープの片山幹雄会長に出したといわれる手紙の一節は印象的だ(日本経済新聞7月2日)。

私の母は山東省青島市で育ちました。[中略]母が感心したのは、そんな憲兵隊にいた日本人の変化です。彼らは敗戦の翌日、軍服を脱ぎ、記章を取り外して、青島市の街や下水道を丁寧に掃除しました。彼らは卑屈になったからそうしたのではありません。居丈高でいられた原因を理解し、すぐに合理的な行動(掃除によって地域に尽くす)を採ったのです。


 日本人は、大きな変化を柔軟に受け入れる能力をもっている。敗戦のとき見せたその能力を「経済敗戦」に際しても発揮し、無能な経営者を追放して意思決定のスピードを上げれば、立ち直ることは不可能ではない。外資による買収は、日本企業が大胆に変化するチャンスである。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    「壁」なんてくだらないと、トランプ支持者が怒りは…

  • 8

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!