コラム

「カルタヘナ法」違反で初逮捕 遺伝子改変メダカとメダカブームの道のり

2023年03月14日(火)12時30分
 メダカ

2000年代前半に品種改良が盛んになり、07年の「幹之(みゆき)」の登場で高級メダカブームに(写真はイメージです) Koichi Yoshii-iStock

<高値で販売されていた「赤く光るメダカ」はどのようにして市場に現れたのか。品種改良の歴史と高級メダカブーム、野に放つ危険性とともに紹介する>

赤く発光するように遺伝子を組み換えたメダカを未承認で飼育、販売したなどとして、警視庁生活環境課は8日、カルタヘナ法違反容疑で60~72歳の男5人を逮捕したと発表しました。2004年に施行された同法違反での逮捕は、全国初のことです。

カルタヘナ法は「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」の通称で、00年に採択された生物多様性条約「カルタヘナ議定書」を日本で実施するために立法されました。研究室などの閉鎖された場所以外で遺伝子組換え生物を扱う場合は、生態系への影響がないことを証明し、主務大臣(環境大臣ら)の承認を得ることなどを義務付けています。

同日、環境省は、①昨年3月に遺伝子組換えの疑いのあるメダカが都内イベントで販売されていたと通報を受けたこと、②6~10月に行われた警視庁の捜査に同席し、使用者に口頭で指導したこと、③本日、警視庁からカルタヘナ法違反検挙についての情報提供があったことなどを発表し、関係各所に再発防止のための周知依頼を行いました。また、遺伝子組換えが疑われるメダカを飼育している場合は、絶対に河川等に放すことなく、近くの環境省地方環境事務所まで相談してほしいとホームページで呼びかけています。

本来いないはずの遺伝子改変メダカは、なぜ市場に現れ、全国初の罪に問われたのでしょうか。事件とメダカブームについて概観してみましょう。

紫外線を当てると赤く光る、天然にいない品種

警視庁によると、5人はいずれも愛好家で、21年7月~22年8月に承認を得ずに遺伝子改変メダカ合計約70匹を飼育したり、販売目的で運んだりした容疑がかけられています。うち1人は、22年7月頃に警視庁が捜査していることを知って、約20匹を千葉県九十九里町の自宅近くの用水路に廃棄したと供述しています。同課などが用水路を調査しましたが、今のところ生態系への影響は確認されていないそうです

5人はいずれも容疑を認めているといいます。

今回の遺伝子改変メダカは、人工的に導入された蛍光タンパク質を全身に発現しており、紫外線を当てると赤く光る、天然にはいない品種です。東京工業大の基礎生物学研究所が、日本在来種のミナミメダカ(学名Oryzias latipes)にloxP 遺伝子(バクテリオファージ P1 由来)、蛍光タンパク質 DsRed 遺伝子(イソギンチャクモドキ珊瑚由来)、蛍光タンパク質 GFP 遺伝子(オワンクラゲ由来)、転写調節配列(SV40 ウイルス由来)を与えて作成しました。もともとはメダカのヒレなどの再生を研究する目的で遺伝子を組み込んだもので、09年3月に正式な手続きを踏んで同大淡水魚飼育室が譲り受けました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

重大な関心持って注視=ICCによる逮捕状請求で林官

ワールド

ロシアのガス生産量、1─4月に8%増 石油は減少

ビジネス

為替円安、今の段階では「マイナス面が懸念される」=

ビジネス

AI集約型業種、生産性が急速に向上=PwCリポート
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story